リアルタイム閲覧者数:23人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

ボーナスの額面と手取り

 サラリーマンのメリットの1つが、ボーナス(賞与)です。 正社員のボーナスは年収を大きく左右する給料のうちの1つです。ボーナスは夏(6月)と冬(12月)に支給されますが、 ボーナス額面手取りはどれくらいになるのでしょうか。 

 

ボーナスの額面

 ボーナス額面とは、税引き前のボーナス全額を指します。 税引き前ですので、この金額がまるまる銀行口座に振り込まれるわけではありません。

 2015年冬のボーナスは、大企業平均で91万円でした。この91万円とは額面のことを表しており、 ここから所得税、厚生年金、健康保険、雇用保険が差し引かれた金額が手取りとなります。 ボーナスは特に厚生年金がかなり引かれますので、よく考えずにボーナス一括払いを多用することはやめておきましょう。

 ボーナス額面はニュースなどでは「80万円」「90万円」というように報道されます。 これは組合員の平均ボーナスであり、全員が同じ金額のボーナスをもらうわけではありません。 基本給や個人の業績によって左右され、若い人ほど少なく、年配ほど高くもらえます。

 例えば2015年冬のボーナスでは、大企業に限れば自動車業界は平均98万円、機械金属業界は90万円、造船業界は87万円、 電機業界は86万円、食品業界は81万円、化学業界は80万円と報道されています。

 いずれのボーナス額面の金額であり、手取りではないことに注意しましょう。 例えば自動車業界なら組合員平均ボーナス額面は98万円ですが、実際の手取りは80万円前後でしょう。 もちろん年齢や業績にもよりますので、入社2年目でボーナスは60~70万円程度が額面、 そこから税金や年金などを引いて50~60万円程度が手取りということになるでしょう。

 私の場合、入社3年目の冬のボーナスが75万円でしたが、手取りは60万円でした。 夏と比べると額面は10万円近く増えているのですが、実際の手取りは5万円程度しか増えていません。 実はボーナスは、額面80万円前後から手取りが増えにくくなっているのです

 

ボーナスの仕組み

 ボーナス仕組みはどうなっているのでしょうか。 ボーナスはどのようにして額面が決まり、支給されるのでしょうか。 そして、新入社員はどれくらいボーナスをもらえるのでしょうか。

 ボーナスを決定するにあたり、まず経営者(取締役会)と労働者(労働組合)が協議します。 労働組合で予め討議して決まった要求金額を経営者側に申し入れるのです。

 この要求金額は、「組合員平均80万円」というように決められます。 ボーナスの2ヶ月前くらいになると組合からアンケートが送られてきて、組合員が「組合員平均80万円」「90万円」などと回答します。 組合がアンケートを取りまとめて多数決で要求金額が決まります。

 経営者側は要求金額に対し、景気の悪い時は会社の厳しい経営環境をアピールし、景気の良い時は「組合員の皆さんのおかげで高い利益を出せました」 と述べるなどしてボーナスの会社案を提示します。組合の代表者と経営者が協議して最終的に決まったボーナスの組合員平均を妥結金額と呼びます。

 要求金額と妥結金額がイコールであれば「満額回答」と言われます。組合が平均80万円を要求し、 経営者側が平均80万円を受け入れると満額回答であり、交渉は終了します。

 このようにして決まった「80万円」は、会社側の意向に沿って社員に支払われます。 基本給に係数をかけてボーナスの額面を算出するのですが、人事査定の高い人は係数が高めに、低い人は係数が低めにかけられ、 人によって差が出ます

 新入社員は会社への貢献度が低いため例外的に満額はもらえません。 例えば夏のボーナスは0~10万円、冬のボーナスは通常の計算式×70~80%というようにディスカウントされます。

 2年目以降では基本給に係数をかけたものが満額支給されるようになります。 平均が80万円なら、50~60万円くらいもらえるようになるでしょう。

 

ボーナスの手取り

 ボーナス手取りはどれくらいでしょうか。 額面のボーナスから引かれるものは予め決まっています。それは、所得税(源泉税)、厚生年金健康保険雇用保険の4つです。これら4種類を差し引いた金額が、ボーナス手取りです。

 もらえる金額にもよりますが、仮にボーナスの額面が70万円だとしましょう。 70万円のとき、厚生年金は8.914%なので、62,398円が厚生年金です。 健康保険は4.985%なので、34,895円が健康保険です。雇用保険は0.5%なので、3,500円です。

 これらを足していくと、100,793円も引かれることがわかります。しかも、まだ1つ残っています。 所得税(源泉税)です。所得税はこれらの金額を引いた後の金額にかかります。

 700,000 - 100,793 = 599,207円

 以上より、599,207円に所得税がかかります。 所得税は累進課税なので計算が少々複雑で割愛しますが、計算すると53,616円でした。

 599,207 - 53,616 = 545,591円

 このように厚生年金所得税にかなりとられて、ボーナス額面70万円に対し、 ボーナス手取りは54万円にまで落ち込んでしまいます。

 ボーナスは額面の20%ほどガバッと国にもっていかれてしまいますボーナス手取り額面の80%くらいだと思っておきましょう。

 

ボーナスの額面と手取り一覧

 ボーナス額面手取り一覧(目安)を作成しました。 ボーナスの総支給額のうち、どれくらいが手元に残るのか参考にしてください。

額面手取り厚生年金健康保険雇用保険所得税
300,000円249,318円26,742円14,955円1,500円7,485円
350,000円289,399円31,199円17,447円1,750円10,205円
400,000円328,540円35,656円19,940円2,000円13,864円
450,000円366,519円40,113円22,432円2,250円18,686円
500,000円403,361円44,570円24,925円2,500円24,644円
550,000円439,170円49,027円27,417円2,750円31,636円
600,000円475,722円53,484円29,910円3,000円37,884円
650,000円510,657円57,941円32,402円3,250円45,750円
700,000円546,996円62,398円34,895円3,500円52,211円
750,000円582,527円66,855円37,387円3,750円59,481円
800,000円619,214円71,312円39,880円4,000円65,594円
850,000円653,092円75,769円42,372円4,250円74,517円
900,000円683,656円80,226円44,865円4,500円86,753円
950,000円716,198円84,683円47,357円4,750円97,012円
1,000,000円748,768円89,140円49,850円5,000円107,242円
1,100,000円806,401円98,054円54,835円5,500円135,210円
1,200,000円864,035円106,968円59,820円6,000円163,177円
1,300,000円921,668円115,882円64,805円6,500円191,145円
1,400,000円983,547円124,796円69,790円7,000円214,867円
1,500,000円1,038,559円133,710円74,775円7,500円245,456円
2,000,000円1,309,155円178,280円99,700円10,000円402,865円

 あまり直視したくない現実ですが、ボーナスが80万円を超えたあたりから、 急に手取りが増えなくなります。一定率の厚生年金、健康保険、雇用保険と異なり、 累進課税の所得税は額面の上昇に伴い急激に増えていきますね。ボーナスが額面200万円のときは、手取りはなんと130万円です。

 ボーナスの額面が80万円くらいまでなら、手取りは80%ほどもらえます。しかし、手取り100万円を超えようと思うと、 額面150万円もボーナスをもらう必要があります。

 

年収はボーナス次第!

 正社員年収ボーナス次第です。 よく正社員と非正規雇用の初任給がどちらも20万円前後なので、収入は変わらないだろうと言われますが、 実は新卒1年目から年収に差が出ます

 新入社員のボーナスは低いと言われますが、非正規雇用はボーナスがありません。 ないのと比べると断然多いです。私の会社では新入社員は、夏のボーナスは10万円、冬のボーナスは40万円でした。 これだけで非正規雇用と比べると1年で50万円の差が出ます。

 2年目になるとボーナスは夏と冬にそれぞれ55万円で、1年で110万円の差が出ます。

 3年目のボーナスは夏と冬でそれぞれ70万円でしたので、1年で140万円の差が出ますね。

 3年通算で非正規雇用と比べ、300万円多くもらっていることになります。 そしてこの差は今後も拡大していきます。なぜなら基本給が上がると同時にボーナスも上がっていくからです。

 20代後半の平均年収は370万円と言われますが、これは非正規雇用を含んでいる数字です。 大卒総合職に限って言えば、25歳くらいですでに年収は450~550万円くらいになります。 そしてこれはもちろん、残業代とボーナスを含んだ数字です。

 私は3年目の年収が500万円に到達しましたが、これはボーナスのおかげです。 もしボーナスがなければ年収は360万円でした。いかにボーナスが年収の中で大きな役割を占めているかわかりますね。 高い年収がほしければ、ボーナスの高い会社に行くのがよいでしょう。

 有名どころでは2015年の夏のボーナスで、積水ハウス(平均約160万円)トヨタ自動車(平均約140万円)KDDI(平均約125万円)大和ハウス工業(平均約120万円)アサヒビール(平均約110万円)などがあります。 全体的にメーカーの業界でボーナスが多く目立ちます。

 先ほど「平均ボーナスは組合平均だ」と述べました。組合員は、正社員のうち「平社員」だけです。 課長や部長などの管理職になれば、この組合平均とも無関係になるのです。

 管理職のボーナスは平社員に比べて高く、私の会社では平社員の平均が90万円ですが、 課長で150万円、部長で250万円、理事で300万円ほどです。これが年に2回あるのですから、大きな差になりますね。 もし非正規雇用であれば管理職にはなれませんから、何百万円もの差ができるんですね。

 

ボーナスは景気や業績で変動する

 毎月の給料は、毎年4月に行われる「定期昇給」で5000円~1万円程度で上がっていきます。 しかし、ボーナスは必ずしもそうとは限りません。ボーナスは景気や業績で変動します

 その昔、バブル景気までの時代では定期昇給に加えてベースアップもあり、ボーナスも年功序列式に増えていきました。 しかしそれは日本企業がイケイケドンドンでつくれば売れる、来年は今年より儲かる時代だったからです。 バブル崩壊、リーマンショックを受けて収入が増えにくい時代に突入しました。

 会社にとって給料は大きな出費です。不景気になれば給料も削減したいはずです。 ところが毎月の給料は賃金規則で定めてしまった以上、会社の都合で勝手に下げることができません。 労働組合の同意がなければ給料は下げられないのです。

 そして、毎月の給料が減ってしまうと社員の士気低下につながることは明白です。 ですから、会社はなかなか毎月の給料を減らすことができませんでした。

 実は、ボーナスは話が別です。ボーナスは会社の都合で増やすことも減らすこともできます。 会社は毎月の給料を減らさない代わりに、ボーナスを減らすことで不景気を乗り越えてきたのです

 今はアベノミクスにはじまり、景気が良い状況です。 ベースアップがないなど、毎月の給料が増えないので非正規雇用だとアベノミクスの恩恵が受けられていません。 しかし正社員は、ボーナスが増えているという現実があります。

 逆も言えることです。今の好景気は東京オリンピックまでは続くと考えられますが、 その後はいったん落ち込むと思われます。そのほかにもトランプ大統領がツイッターになにをつぶやくかによって、 日本経済に打撃を与える可能性すらあります。

 もし景気が悪化して企業の業績が悪くなれば、毎月の給料こそ減らないかもしれませんが、 ボーナスは大きく減ります

 そのため、年収をシミュレーションする際、「ボーナスは増え続けない」ということを肝に銘じておく必要があります。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」