リアルタイム閲覧者数:16人
 

年収1000万円の会社【就活】

 年収1000万円を超える会社のまとめなどがよく作られています。 よく出ているまとめでは、100社くらいしか書いてありません。 それも各業界でも特に秀でたリーディングカンパニーばかりです。 

 三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンク、三菱商事や三井物産、住友商事などの総合商社や、 関西電力やNTTなどのインフラ、三菱地所や三井不動産、住友不動産などの不動産業界、 ソニーや富士ゼロックス、キーエンスなどのメーカーが、年収1000万円を超える会社として紹介されています。

 これらの会社は、40歳で1000万円を超えるのは当然でしょう。 フジテレビやTBS、朝日新聞社や読売新聞社、電通や博報堂が40歳で1000万円を超えているのは、 もはや誰でも知っていることでしょう。

 40歳で年収1000万円を超える会社というか、これらの会社なら30代でも1000万円を超えているでしょう。 実は年収1000万円はそれほど遠い話ではありません。 高い給料を払わずに人材をつなぎとめておく手段はないのです。

 特にこれらの何代も続いている会社では、社長などの重役も元はサラリーマンです。 サラリーマンは、サラリーマンのことをよく知っています。 利益が出たら給料として社員に還元する。これこそ長く続いている会社の強みです。

 

年収1000万円を超えるメーカー

 ソニー、富士ゼロックス、リコー、キーエンス、キャノン、ファナック、 トヨタ、ホンダ、日産、豊田自動織機、デンソー、トヨタ車体、味の素、キリンビール、サントリー、 武田、エーザイ、第一三共、中外、旭硝子、任天堂、JFEスチール、新日鐵

 メーカーは安定している一方で給料が安めだなんて思っている人も多いようです。 まあそりゃ、銀行や商社に比べたら安いです。しかしこれらの名だたる一流企業で、年収1000万円を超えないということはありません。

 私もメーカー勤務ですが、これらの会社に比べたら規模なんて小さいものです。 しかし、30代で年収1000万円を突破している人は、子会社にゴロゴロいます。 経理にいる同期も「30代で1000万超えている人けっこういるよ」と言っていました。

 私の会社はこのようなランキングに乗ることはまず、ありません。 そんな無名企業でも30代で1000万円を超えることは可能なのです。 これらの有名企業はどこへ行っても40歳で1000万円は軽く超えていることでしょう。

 また「役職につくのが前提だ」と言う人もいます。 しかし実際はどうでしょうか。役職とは課長や次長などの管理職のことですが、 サラリーマン人生で2回、給料が下がる時期があります。

 1回目は入社2年目です。住民税が取られるようになります。 これで月収が1万円ほど減ります。では、給料が下がる2回目はいつでしょうか。

 それは課長になったときです。 実は、課長より課長補佐のほうが給料が高いのです。 それは、課長補佐の残業代が、課長の役職手当より高いせいです。

 課長になりかけの課長補佐というと、基本給はかなり高くなっています。 残業代は基本給と連動しますから、年次が高くなるにつれて、残業代もどんどんあがっていくのです。

 ということは、40歳の時点ではおそらく課長でしょうから、 40歳で年収1000万円を超えているということは、30代ですでに1000万円を超えているのです。 私の会社では課長補佐で1000万円、課長で1000万円を割り、部長になると1000万円を再度超えるシステムのようです。

 

1000万円を超える会社たち

 年収1000万円を超える会社として掲載されていない会社をいくつか紹介してみます。

 まず、JR東海、JR西日本、JR東日本が挙げられます。 私鉄各社もそうですが、参入障壁があり、利益率も高く、 安定継続して高い給料を支払える土台があります。

 鉄道業界はすでに投資を済ませています。線路はとうの昔に建設済みなのです。 投資の分を回収し、あとはどんどん利益が出るのみです。 もちろん不採算路線もありますが、民営化されている今、切り捨てることもできます。

 それがインフラとしてどうなのかという話はありますが、 会社としては十分利益が出る構造になっているのです。 NEXCO各社もそうですね。

 なんといっても、鉄道業界や高速道路業界は、昇給額がとても高いです。 入社1年、2年ですら年に1万円以上の昇給があります。 通常、昇給額が上がるのは3年目、4年目以降です。

 2年目の時点で万単位で昇給があるということは、10年もいればとんでもない額の年収になっていることでしょう。

 また、建設業界も全くこういうまとめに載りませんが、スーパーゼネコン、中堅ゼネコンも軽く1000万円を超えるでしょう。 特に現場に出ている技術職は1000万円なんてレベルではないでしょうね。

 談合だとか、賄賂だとか、そういう問題ではありません。 建設業界にも今では参入障壁があるのです。 中堅ゼネコンがスーパーゼネコンに勝つことはありえませんし、 中堅ゼネコンが中小ゼネコンに負けることもありえません。

 今や工事の発注者側も、安かろう悪かろうでは困ることがわかっています。 ちゃんと受注者側に利益が出るように工事代金を支払います。 鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組などは特に年収が高いと思われます。

 三谷商事や阪和興業などの専門商社も1000万円を超えると聞いていますし、 日揮や千代田化工などのプラントエンジニアリングも1000万円を超えます。

 各業界で大手の会社はたいていどこでも1000万円は超えるでしょう。

 

年収1000万円の生活

 年収1000万円以上の上司がたくさんいますが、 彼らの生活というとそんなに想像をかけ離れたものではありません。 良い家に住み、良い車を持っているくらいのものです。

 静かな丘に家を建てる人もいれば、マンションを買う人もいます。 BMWやフォルクスワーゲンの車を買う人もいます。 しかし、それらも常識の範囲内です。

 というのも、年収が1000万円あっても、使う時間がなければ贅沢のしようもないからです。 土日は仕事で疲れて、どこかへ旅行に行く気分にはなりませんし、 お盆やお正月はどこも混雑していてなかなか外に出る気も起りません。

 高いランチを食べようものなら奥さんに怒られますし、 飲み会ばかり開いていてもやはり奥さんに怒られます。 年収1000万円があっても、生活はそんなに変わらないものです。

 もしも会社がつぶれたら、翌年の年収は0円です。 サラリーマンでいる限り、会社がつぶれたり、クビになる不安とはいつも戦い続けなければならないのです。

 年収がいくらだとか、あまり気にし過ぎても仕方がありません。 大量採用、大量退職の金融や商社への就職を目指すより、 辞めたくならない会社を選ぶことが大切です。