リアルタイム閲覧者数:32人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

公務員はホワイトか?

 よく公務員は安定していて定時で帰れて給与も高いと言われます。 果たして本当にそうでしょうか?

 私の友人や先輩にも公務員になった人がいます。 口をそろえて言うのは「定時で帰れる日なんてない」です。 

 まず国家公務員総合職は国会がある時期は0時越え当たり前です。 深夜2時でも当然のように電話がかかってきて、資料の作成を求められるそうです。 また夜9時で帰れる時期を「暇な時期」と仰っていました。

 残業時間は月に300時間になる場合もあり、それはタクシーチケットだとか、終電だとかそういうレベルではありません。 そもそも家に帰れず、睡眠をとる時間もないためそのまま徹夜、徹夜明けで仕事をするそうです。 また省庁には「仮眠室」があり、帰宅しないことが前提な建物になっているのです。

 一方で国家公務員一般職はもっと早く帰れるとのこと。 その代わり昇進や昇給はあまり望めません。

 もちろん、総合職より早く帰れるからといって、定時で帰れるというわけではありません。 「まったり」ではないことは明白ですね。

 

教師は休みがない!

 高校教師は土日がありません。平日、帰れるのは19時から。 自分の仕事があっても生徒からの質問等があればその分帰るのが遅くなります。 また部活の顧問を担当するので土日は部活に出なければなりません。

 生徒から質問が来るのは偏差値の高い高校だけだろう・・・なんていうのも思い込みです。 ある先輩は総合高校で教師をしていますが、総合高校はそれほど勉強に力を入れていないだろうと思いきや、 生徒からの質問はけっこうあるそうです。

 それもそのはず。真面目に勉強していい成績を取らないと、推薦がもらえないのです。 高校の推薦をもらって大学や専門学校へ進学することを考えている生徒は多いです。 そういう生徒を支援するのも教師の仕事です。

 また、部活の手当は数千円で、事実上の休日出勤ですが休出ほどの手当ではありません。 旧友と飲みに行くことすらままなりません。 かなり生徒のために時間を使い、自分の時間などほとんどないわけです。

 それでも生徒にナメられたり、PTAと戦わなければならなかったりと、 高校は苦労の絶えない職場です。

 

市役所はまったりじゃないの?

 市役所職員はどうでしょうか。 一般的に田舎の市役所は暇だと言われています。 しかし友人の行った市役所はむしろブラックです。

 大学卒業前にほぼ強制の研修があり、1か月無給で研修です。 全く仕事をしない上司もいれば、毎日、上から嫌味を言われながら残業、休日出勤する下っ端もいます。 精神衛生上よろしくないのではとも思いますが、彼は自分の仕事にやりがいを感じているようでよかったと思います。

 市役所には十分に人を雇うほどの予算がありません。 ここが重要です。人が雇えない。ならばどうするか? 今いる職員に仕事をたくさんやらせればいいのです。

 人は足りず、予算もつかず、それでも仕事は多いです。 また市民から後ろ指をさされて「税金泥棒」などと言われるのです。 なかなか辛く苦しい環境であると思います。

 

残業ないんでしょ?

 実は公務員は残業の嵐です。しかし予算がなければ残業代を払うこともできません。 それでも仕事はたくさんあります。じゃあどうしましょうか?

 そうだ!働いてないことにしよう!

 これがまかり通っているのが日本の公務員です。 労基署がブラック企業を取り締まらないのもうなずけます。 彼ら自身がブラックで働いているのですから。

 私の友人で高校教師になった人がいますが、やはり残業代はもらっていません。 国民に叩かれ過ぎて予算が削られ、住宅手当も満足に出ず、公務員宿舎も廃止され、 残業代もない上に休日出勤し、家賃もほとんど自分で支払っています。

 公務員に残業がないという勝手なイメージは、残業代を払わないために公務員がついた嘘をみんなが信じているだけです。 残業どころか休日出勤も深夜労働もよくある話です。 予算委員会があるころのお役所って実は真夜中でも電気がついているんですよ・・・

 まったり高給なんて夢ももろく崩れ去りますね。

 

では定時で帰っているのは誰か?

 たしかに市役所や県庁で、定時にあがって帰宅する人たちもいます。 さて、それは誰でしょうか。

 それはパートのおばちゃんや、外注業者の職員です。役所の窓口は非常勤、すなわちパートタイマーであり、 正規の公務員ではありません。パートは時給で働いていますので、 勤怠管理はしっかりしなければなりません。残業代を支払う予算もないので、さっさと帰ってもらいます。

 同様に窓口業務などを外注している場合もあります。 外注の場合、委託料は定時で帰宅した場合の分しか業者にお金は支払われません。 残業をするとそれだけ業者が損をするだけです。定時で帰らせる必要がありますね。

 市役所レベルでは、仕事をしない上司もいるようです。 しかし、それはまったりが許されているわけではなく、役所の中では嫌われています。 皆に嫌われていても生き残れるというのは一見よさそうにみえますが、そうでもありません。

 役所で働く公務員は、国のため、地域のために働いています。 利益のためでもなく、自分の生活のためでもなく、目的を持って働くのは難しいものです。 頑張ったらボーナスが上がるという世界ではないのです。

 大卒正規職員になってからはなかなか忙しく、また選挙会場の見張り番など、 とても退屈な仕事もある上に、災害(台風など)が起こると土日であろうがお盆であろうが呼び出されます。

 また公務員宿舎が叩かれて廃止され、住宅手当も十分に出ないため、 残業なしの私と残業ありの公務員で給与の手取りはほとんど変わりません。 さらに共済年金制度が厚生年金制度と統合されるということで、 老後の保障の面でもメリットが薄くなります。

 住民のために身を粉にして働ける十分な気持ちを持っていない限り、 公務員になることは避けたほうが良いでしょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



Unistyle

 また、Unistyleでも一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパークとUnistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」