リアルタイム閲覧者数:33人
 

就活

 MY就活ネットは就活する・これから就活を始めて「将来の夢の実現」を目指す学生の方を対象に設立されたタテマエ抜きの就活情報サイトです。 MY就活ネットは、就活時には思いもよらない社会の常識、マナー等を集めています。 就活の予習、就活中の参考、就活後の振り返り等様々な活用をしてください。 

 

就活とは

 就活とは、就職活動の略で、大学生が卒業後の進路に「サラリーマン」を選ぶ場合に行う活動です。 世の中には多様な生き方がありますが、なぜ「サラリーマン」を選ぶのでしょうか。 この理由に「就活の本質」があります。

 一般的にサラリーマンになると「毎日一定以上の時間を奪われる」「肉体や精神を消費する」というデメリットがあります。 それでもサラリーマンを選ぶのは「安定した収入」と「ステータス」にあります。

 安定した収入とは「給料」ですね。現在では初任給が20万円を超え、生活するには困りません。 犯罪でもおかさないかぎりクビにはなりませんし、長く安定した給料がもらえます。

 一方でステータスはどうでしょうか。「トヨタ」「パナソニック」など超有名企業に勤めると、 「すごい会社に勤めている」というステータスになりますね。ぶっちゃけると「コンビニ店員」や「工場の期間工」より、 世間一般に自慢できるんですね。

 この「安定収入」「ステータス」は別にサラリーマンじゃなくてもできることではないでしょうか。 それこそ不動産オーナーになったり、起業して社長になったほうが収入もステータスも上です。 サラリーマンはしょせん、「従業員」であって「ビジネスの主役」ではないからです。

 結局のところ、不動産を買ったり起業したりできる状態ではないから、就職を選ぶんですね。 こういった後ろ向きなところから就活は始まります。就職は、将来の夢の実現のための1段階でしかないということを意識するべきです。

 就活をする際は、会社側も当然「就職自体が目的ではない」ことがわかっていますし、 就活生がいくら「就職さえできればいい」と言っていても、その裏には「安定」「ステータス」などの目的があるのです。 そういった「目的」を強く意識して、目的実現のための計画を立て、どの会社に就職するのが一番近道になるかを考えるのです

 これが、一流の就活です。

 

私の就活

 私は2013年卒で就活をしましたが、二流の就活生でした。旧帝大に在学していましたので、 正直「学歴があるしどこへでも入れるだろう」と適当に考えていました。 要は、就活をなめてました

 私の将来の夢は「お金持ちになって働かずにのんびり暮らすこと」なのですが、 その最短ルート(だと思ったこと)が「不動産を買って大家さんになる」ことでした。 そのために単純に「給料のそこそこいい会社で資金を貯めよう」くらいにしか思っていなかったのです。

 エントリーシートにはもっともらしく「社会貢献」だの「人々の生活スタイルを変える」などかっこいいことを書いて、 本当の将来の夢とはまったく関係のないエントリーシートを作っていました

 結果は惨敗。ろくに会社のことも調べず、ライフワークバランスと待遇面だけをみて就活していたので当然ですね。 なんとか面接解禁1ヶ月で内定はもらって就職したのですが、今思うと「何も考えていない学歴だけの二流の就活生」でした。

 本当の将来の夢だけは今もブレることなく「お金持ちになって働かずにのんびり暮らすこと」です。 これを軸にして会社選びをすればよかったと今になって思います。 「自動的にお金を稼いでくれるビジネスを興すには何が必要か」を考え、それに関係する会社選びをして、 エントリーシートを書けばよかったのです。

 今の私ならP&Gや花王、資生堂、USJ、日産自動車などのマーケティング企業を狙ったことでしょう。 私は今、猛烈にマーケティングを勉強・実践したいからです。この意味では大失敗の就活でした。

 

何のための就活か

 就活はあくまでも将来の夢の実現の一手段でしかありません。 「お金持ちになりたい」「あれが欲しいこれが欲しい」「バリバリ働く人生にしたい」「海外のリゾートでのんびり暮らしたい」 など様々な夢があるはずです。

 しかし、多くの就活生はかつての私がそうであったように手段が目的化しています。 「有名企業に就職する」「給料の高い会社に就職する」「残業の少ない会社に就職する」と、 就職それ自体を目的に就活をしてしまうのです。

 会社はそういった就活生を求めていません。何か将来の夢があって、その実現のために就職する就活生を求めているのです。 これは人事部員向けの本にも書かれています。会社のビジネスと、就活生の将来の夢がどれだけ一致しているかが1つの指標となり、 将来の夢の実現のために、会社のビジネスをバリバリ進めてくれるような新入社員を求めているのです。

 当然、会社にとっては入社してすぐ辞められては困りますし、長く働いてくれるのを望んでいます。 面接で「1年で起業して辞めます!」などと言っては、多くの会社は採用してくれないでしょう。 将来の夢を直接言わず、うまく言い換えて「バリバリ会社で働く」アピールをするのがポイントです。

 それでも、将来の夢はしっかり考えておかなければなりません。「就職」それ自体は夢ではないはずです。

 さて、あなたは何のために就活をするのでしょうか。

 

就活は運ゲー

 それでも就活運ゲーです。 いくらその会社でやりたいこと、学びたいことがあっても、面接官と気が合わなければ落ちます。 会社はチームで仕事をしますので、そのチームの雰囲気に合わなければ仕方がないからです。

 私が「御社でマーケティングをやりたい!」と技術志向の会社に面接を申し込んでも、 「うちもマーケティングの重要性に最近気が付いたんだ!」という会社もあれば、 「技術力が一番大事なんだよ!マーケティングってなんだよ!」という会社もあるでしょう。

 そもそも「顔が悪い」「声が悪い」「しゃべりが面白くない」などの理由で落とされてしまうこともあるかもしれません。 「アニメ好きな人はうちの会社にいないしたぶん気が合わない」と落とされてしまうこともあるかもしれません。

 結局のところ、いくら会社のことを調べても、会社説明会に参加しても、 会社の内部のことは社員しか知らないのです。わからないのですから、自分が会社に合うかどうかは面接官に判定してもらうしかありません。 これを運ゲーと言わずになんといえばいいでしょうか。

 運ゲーな就活ですが、成功確率を高める方法はあります。それが、自己分析企業研究です。

 まず、自己分析で「自分の将来の夢」をまじめに考えます。将来の夢の実現のために、 今の自分には何が足りないのか、何をするべきなのかをまじめに検討するのです。

 次に、企業研究で「将来の夢の実現のためにこの会社に入らなければならない」という会社を探します。 私は「お金持ちになって働かずにのんびり暮らすこと」という将来の夢に向かって、 「自動的にお金を稼いでくれるビジネス」を興す必要がありますから、マーケティングを勉強しなければなりません。 ですから、私はマーケティングに力を入れている会社に入社しなければならないのです。

 これで「自分が御社に向いています!」ということをエントリーシートや面接を通じて面接官にアピールするのです。 すると面接官は、「ただなんとなく面接に来た昔の私」より、「マーケティングがやりたい今の私」のほうが、 自社に向いているかどうか判断しやすくなります。

 自己分析と企業研究を行った就活生は「自分に向いている」と思った会社にエントリーしますから、 何もしていない就活生より内定がもらえる確率が高まるのです。

 就活を始める前に、まずは将来の夢を考えましょう。 将来の夢の実現手段を考え、今の自分に足りないものを把握し、それを補ってくれる、勉強させてくれる、 実践させてくれる会社を探しましょう。これが就活で内定確率を上げるために、一番大事なことです。