リアルタイム閲覧者数:21人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】面接の受け方

 就活面接の受け方を解説します。 エントリーシートでも解説したように、就活は将来の夢を会社にぶつける場です。 当然、面接でも「就職活動の軸(将来の夢)」を中心に、一貫して「夢の実現」にフォーカスしなければなりません。

 就活の面接には、様々な種類の面接があります。 リクルーター面接、グループディスカッション、集団面接、個人面接、役員面接とありますが、 グループディスカッションを除いて基本的にすべて立ち回り方は同じです 

 

就活の一番のマナーは「熱意」

 面接では「マナー」がよく言われます。ビジネスマナーや入室・退室のマナーなど、 「表面的なマナー」に執着しがちです。しかし、面接の本質はビジネスマナーではありません。 しょせんビジネスマナーなど小手先のテクニックにすぎません。入社すればすぐ身につくスキルです。

 面接で最も大事なことは、「将来の夢」に対する熱意です。

 面接ではエントリーシートの内容に沿って、本当に熱意あるアツい学生かどうかが見られます。 ただ文章作成能力があるだけの就活生はここで落とされます。 ここでいう「アツい」とは暑苦しい体育会系のことを言うのではなく、将来の夢の実現に一貫して取り組んでいるかです。

 会社が面接に呼ぶということは、採用担当者がエントリーシートを読んで、あなたにはその可能性があると思った証拠です。 就活生は面接官の期待に応えてアツく夢を語るのが最大のマナーです

 事前に準備しておくのは「就職活動の軸」と「なぜこの会社を選んだのか」です。 しかしこれらはすでにエントリーシートに書いていますから、それを復習しておくだけです。 これが本来の面接のありかたです。

 とはいえ、エントリーシートを提出してから何もしないのはやはり不安なものです。 念のためMY就活ネットでは面接のマナーの解説もしています。

 面接のマナーをわきまえて、くだらないことで落とされてしまわないように注意しましょう。 しかし、面接のマナーは「気にし過ぎ」な点もあります。気を付けるだけでなく、 それ以上に大切なことを見落とさないように注意しましょう。

 

面接はいつ始まる?

 就活面接はいつ始まるのでしょうか。 面接が始まる時期は、経団連が「大学4年生の6月1日」と定めています。 しかし、経団連のルールをうのみにしてはいけません

 就活は、学生も必死になるものですが、実は会社も必死です。 その理由は日本独特の「新卒一括採用」システムにあります。 あらゆる会社が我先にと優秀な学生を採用していってしまいます。会社も出遅れると「就活生がいない」という事態に陥ります。

 実はいろんな会社が経団連のルールを破り、他社を出し抜いて採用選考を始めようとします

 その好例がリクルーター面接ですね。 「1対1の質問会」などという名目で学生を呼び出し、「面接」を行います。 これはプレエントリー直後に始まる会社もあれば、エントリーシート提出後に始まる会社もあります。

 いずれにしても就活スタートの3月中にはリクルーター面接が始まってしまうのです。

 リクルーター面接を行っている会社は体感で20~30%でしょうか。 しかし、6月になる前に堂々とルールを破って面接本番を始めてしまう会社も少なからずあります。 ルールを守って6月1日まで面接を行わない会社もありますが、およそ半数は6月1日より前に面接を始めます

 面接官は「これは選考ではありません」と言いますが、裏でちゃんと「評価シート」をつけています。 会社に呼び出されたら、どんな名目であってもそれは面接だと思って臨みましょう。

 

OB訪問

 OB訪問とは、就活生が自ら会社に申し込み、同じ大学出身の先輩社員に会わせてもらう活動を言います。 OB訪問自分で申し込む面接です。 当然、先輩社員から評価され、人事部採用担当に結果が報告されます。

 正直、OB訪問までする必要はないと思いますが、熱意の表明にはなりますし、 リクルーター面接を実施していない企業では先輩社員と1対1で話せる良い機会になります。

 

【全勝】グループディスカッションのコツ

 グループディスカッションは、一次面接の前に行われることが多く、 エントリーシート提出後、最初の面接となる場合がほとんどです。

 グループディスカッションは与えられた1つの課題に対して、 同席した就活生たちと議論し、解決していこうという活動です。 当然、面接官が監視しており、評価されます。

 グループディスカッションのコツをおさえて、確実に一次面接に進めるように準備しましょう。

 

面接の対策

 面接対策をしましょう。 集団面接個人面接最終面接の区分に従って、 各面接を通過できるようにそれぞれ対策が必要です。

 面接は就活の最終決戦です。面接に打ち勝ち、晴れて内定を得たいものですね。

 続きを読む

 

面接質問回答集

 面接でされる質問回答です。

 質問に回答する際に重要になるのは就職活動の軸です。 就活の軸とはつまりは将来の夢ですが、「将来の夢を実現するために」を念頭において回答しなければなりません。 「目標、目的をもって生きている」ことをアピールするのです。

 続きを読む

 

面接のコツ

 面接コツを解説しています。 面接のコツは、「明るく大きな声で話す」「面接でされる質問を想定しておく」 「余計なことは言わない」ことです。

 面接は結局のところ、面接官と気が合うかどうかで採否が決まります。 しかし、面接のコツを抑えておけば、性格を勘違いされて落とされる可能性は低くできます。

 続きを読む

 

圧迫面接

 圧迫面接は就活生にとって大変ストレスになる面接方法です。 圧迫面接を採用している会社は少なくありません。 検索をかけるといろんな会社名が出てくると思います。

 圧迫面接にはどんな意味があるのでしょうか。 こういった面接は就活生にトラウマをもたらすこともあります。 人格を否定するような面接は人権的にも許されませんし、会社の評判も落としかねません。 一体誰が得をするのでしょうか。

 続きを読む

 

面接通過フラグ

 面接通過するときのフラグを紹介していきます。 これがあったから通過する、というわけではありませんが、通過するときの感触ってあるんですよね。

 例えば「グループ面接で面接官が、他の就活生の話に興味なさそう」「面接で『それが聞きたかった!』と言われる」 「配属先を告げられる」「最終面接の前に人事担当に呼ばれて話し合いをする」などですね。

 続きを読む

 

面接の自己紹介

 面接自己紹介のやり方について解説しています。 自己紹介は、コミュニケーション能力が問われます。面接の自己紹介は、ただ一方的に言いたいことを言えばいいというわけではありません。 相手の聞きたいことをわかりやすく話すことがコミュニケーション能力です。

 面接の自己紹介では、つい「自分を良く見せよう」としてしまいがちです。 難しい言葉を使って賢そうに見せかけたり、長々と自己PRしたりする人もいます。 しかし面接の自己紹介はそんなことは求められていません。

 続きを読む

 

面接の自己PR

 面接自己PRのやり方を解説します。 面接では一通りの自己紹介を終えたら必ず「自己PRをお願いします」あるいは「学生時代頑張ったことはなんですか?」 と問われます。

 転職でいう「自己PR」とは、自分の仕事の実績、会社にどんな利益をもたらすかのアピールです。 就活の「自己PR」も大学時代の実績自分の将来性のアピールですので、 「学生時代頑張ったこと」を面接で話せばよいのです。

 続きを読む

 

面接で短所を述べる

 面接短所はよく問われます。 自分で短所を言うのは、面接の場で自分の欠点を述べるわけですから気が引けてしまいますね。 しかし実は、面接で短所をきかれたとき、評価を高く上げるチャンスなのです。

 面接短所を聞かれたとき、自分の悪口はいいたくないので、 ダメージを低くしようと「どうでもいい短所」を言ったり、「短所は長所の裏返しです」と言ったりする人もいます。

 続きを読む

 

面接に有利な時間帯

 新卒就活面接には有利な時間帯があります。 面接の時間帯を自分で予約できる場合、有利な時間帯に予約をしたいものですね。 以下では面接有利時間帯を解説していきます。

 面接早い時間帯が良いです。面接を予約する際は、 最速の時間帯を選択しましょう。8時30分、9時など早い時間帯の場合は起きるのも大変ですが、 早ければ早いほど有利です。

 続きを読む

 

最終面接は何を見られているか

 最終面接は就活生の何を見ているのでしょうか。 最終面接は採用選考の最終段階であり、筆記試験、グループディスカッション、一次面接、二次面接と、 あらゆる段階を突破した就活生が辿り着くところです。実は、最終面接では既に、人事部の中では半分内定が決まっています

 最終面接に呼ばれる就活生は、採用しても良い学生ばかりが集められています。 しかし、最終的に内定を出すかどうか決めるのは人事部ではなく各部署の部長や、役員です。 人事部が採用してもいいと思った学生を、各部署の部長や役員に引き合わせ、最終的に採用を決めてもらうのが最終面接なのです。

 続きを読む

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 一流企業に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究まとめガクチカまとめ女子就活生マニュアルWEBテスト攻略マニュアル面接官が使う評価シートなど、 様々な内定に直結する豊富な資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

Unistyle

 そして、Unistyleです一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパーク・就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」