リアルタイム閲覧者数:28人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

ノンバイサー

 就活ノンバイサーという言葉をよく耳にします。 ノンバイサーとは一体どういう意味なのでしょうか。 

 ノンバイサーは英語ではありません。ノンは英語ですが、ノン+バイト+サークルの略なのです。 大学生活をアルバイトなし、サークルなしで過ごすことをノンバイサーと言います。

 ノンバイサーは就活をするときに特に耳にする言葉で、 「学生時代頑張ったことは?」と聞かれた時に、他の就活生には「アルバイト」「サークル」といったネタがある一方、 大学生活をノンバイサーで過ごしていると返答に困ることがあります。

 もちろんノンバイサーでも、「頑張った」と言えるようなことがあれば大丈夫なのですが、 大学で何かに打ち込む予定がないのならば、アルバイトかサークルはやっておきましょう。

 

文系ノンバイサー

 文系ノンバイサーはぶっちゃけ天国です。私は学生寮にいたのでサークルはいらないかなと思い、サークルには参加していませんでした。 アルバイトも1年で辞めて、次のアルバイトを始めるまでしばらく空白の期間を置きました。

 文系大学生は研究室もなければ留年の危機もそれほどありません。 理系ノンバイサーに比べて忙しさが全くありません。理系はノンバイサーでも研究や実験で忙しく、 確かにアルバイトがなければ楽にはなるでしょうが、文系ノンバイサーとは比べられません。

 文系ノンバイサーは自分を拘束するものが、講義しかないのです。 講義も自分で選んで取っているものですから、「拘束されている」という感覚はあまりありません。 定期試験対策もばっちりできますし、遊びもじゅうぶんにできます。

 長くノンバイサーを続けていると、暇になってきます。 というのも友達はアルバイトやサークルをしていますので、いつでも遊べるわけではありません。 そしてお金もなくなっていきます。

 結局私はお金が尽きるころに次のアルバイトを始めていたのですが、 あれほどまでに時間がたくさんあり、ストレスフリーな生活は他にありません。 文系なら一度はノンバイサーを経験してもいいと思います。

 

ノンバイサーの自己PR

 ノンバイサーだとアルバイトもサークルもやっている人に比べて書きやすいネタは少ないです。 しかし、ノンバイサーだから自己PRができないというわけではありません。 そもそも自己PRをアルバイトやサークルで話してもたいしてウケません。

 自己PRは、自分が頑張ったことでいいのです。 アルバイトである必要も、サークルである必要もありません。 遊びでも、趣味でも、ダイエットでも、モテるように頑張ったことでも、 なんでもいいのです。

 逆に言えば皆が書くような「バイトリーダーの経験」「サークルリーダーの経験」のようなありふれた自己PRになりようがないので、 個性を発揮できます。ノンバイサーのほうが自己PRの完成度は高くなるかもしれません。

 

ノンバイサーの面接

 ノンバイサーで困るのは面接です。「サークルは?」と聞かれても特に問題はありません。 サークルはお友達グループだから、自分のお友達グループがサークルのようなものです。 サークルという名前がついているか、ついていないかの違いしかありません。

 問題はアルバイトです。「生活費や遊ぶお金は親に出してもらっていたの?」 と聞かれてうろたえてしまってはいけません。 ここでしっかり答えを出せるかで内定は遠のいたり、近づいたりします。

 別に大学生はアルバイトをする義務があるわけではありません。 大学生だから遊ぶお金は自分で稼ぐなんてことも決まったルールではありません。

 しかし面接官が古い人だと、「いつまでも親に頼って情けない」などと精神論を語られる場合もあります。 そんな面接官にあたってしまってはもう何を言っても無駄ですから諦めましょう。 古くて頭のカタイ人と一緒に働くのは疲れるだけです。

 それでも何かいい答えをするかどうか期待している面接官もいます。 ここで気のきいたセリフが言えたら高評価です。ピンチはチャンスです。

 「親も大学時代は親にお金をもらっていました。私も子どもには同じようにお金を出してあげるつもりです。 我が家はそのサイクルでやってきています。」

 と、自分が得をしているわけではないと説明するのもいいでしょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」