リアルタイム閲覧者数:19人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】単独説明会と合同説明会の違い

 単独説明会とは、合同説明会と異なり、1社単独で行う会社説明会です。 単独説明会はあらかじめプレエントリーをして、WEB上で説明会の予約をしなければなりません。 合同説明会では参加票を書かない会社も多いですが、単独説明会はプレエントリー後なので、参加したかどうかが人事にもわかります。

 単独説明会は就活解禁の3週間後から行われることが多いです。 合同説明会の後でプレエントリーする人を待つためです。就活初日から説明会の予約合戦ということはありません。 

 

単独説明会とは?

 単独説明会とは、プレエントリーした就活生に対して行われる会社説明会で、 合同説明会より詳細に会社の事業内容、部署ごとの仕事内容、待遇についてなどを説明してもらえます。

 会社によっては「単独説明会」とは呼ばず、「○○セミナー」という名前で開催されたりします。 イスを並べて壇上で社員がパワーポイントを使って説明する場合もあれば、 机とイスを円形に並べて小グループをつくり、座談会形式で説明が行われる場合もあります。

 会社によっては「グループディスカッション」を体験させてくれるところもあります。 私の経験では「NTT西日本」や「阪神高速」がそうでした。

 単独説明会は、プレエントリー解禁の3月1日より案内が送られ始め、3月の末ごろには単独説明会が開催されます。 単独説明会は2時間程度行われ、1時間30分で会社概要の説明、残り30分が質問タイムに割り当てられることが多いです。 質問タイムの対策は、「企業説明会質問例」を参照してください。

 3月上旬にプレエントリーを行い、合同説明会に参加しながらプレエントリーを増やし、 単独説明会の案内が送られて来たら「単独説明会を予約」して、 3月下旬には1日2社くらいの単独説明会に参加するという流れになるでしょう。

 プレエントリーと、単独説明会への参加は就活を進めるにあたって必須のイベントです。 単独説明会に参加しなければ、書類選考を受験するための「エントリー」の案内が送られてきませんし、 そもそもプレエントリーしなければエントリーどころか単独説明会の案内すら送られてきません。

 (インターンシップ)→プレエントリー→(合同説明会)→単独説明会→エントリー→(リクルーター面接)→書類選考→面接→内定

 という就活の流れの2番目の段階に位置し、単独説明会への参加がエントリーの条件になっている企業が大半です。 いかに多くの企業にプレエントリーし、いかに多くの企業の単独説明会に参加したかが就活の成否を分けますので、 必ず単独説明会には参加しましょう。

 

合同説明会とは?

 合同説明会とは、プレエントリーと会社説明会が解禁される3月1日から行われる会社説明会で、 リクナビやマイナビが主催して一つの会場に何社もの企業が集まり、各企業が個別にブースを設けて小規模な会社説明会を行うものです。

 合同説明会は3月1日にいきなり行われます。特に予約は不要で、スーツを着て会場にたどり着いたら、 あとは目についた企業のブースに飛び込んで15分~30分程度の簡単な会社説明を受けるのです。 丸一日つかって何社も見て回り、「知らなかった企業を知れる」のが合同説明会のメリットです。

 3月1日になればリクナビやマイナビが主催して合同説明会を行っていますし、 大学によっては大学や大学生協が主催して大講堂などで合同説明会を行います。 3月上旬はプレエントリーと並行しながら合同説明会に参加しまくることになるでしょう。

 合同説明会は選考にはあまり関係しません。というのも、合同説明会はいちいち「参加記録」を取らないからです。 就活生は予約して企業のブースにきているわけではありませんので、志望度が高いかどうかも分かりません。 その意味では合同説明会は選考を受けるために必須のイベントではありません。

 しかし、合同説明会は「選択肢の幅を広げる」という大きな意味があります。 就活を始める以前は、知っている企業など本当に少ないものです。テレビCMなどでよくみかける企業しか知らないでしょう。 世の中には優良企業はいくらでもあります。一般消費者との直接のかかわりのないBtoB企業などは、合同説明会に参加しなければ知ることすらできません。

 必ず同説明会に参加して、「志望度の高い企業」をどんどん増やしていきましょう。

 

単独説明会と合同説明会の違い

 単独説明会合同説明会違いはなんでしょうか。

 合同説明会は3月1日から行われ、「予約が不要」で、自由に企業のブースに入って「15分~30分程度」の簡単な会社説明を受けます。 一ヶ所の会場に行けば何社も見て回れる一方で、一社あたりにかかる時間は短いのが特徴です。 「会社のことを詳しく調査する」というよりも「知らない企業をたくさん知る」ことの意味合いが強いです。

 単独説明会は3月下旬から行われ、「予約が必要」で、一社について「2時間程度」の長めの会社説明を受けます。 一ヶ所の会場では一社の説明しか受けられませんが、長い時間をかけて詳細に会社の説明を受けられることが特徴です。 「会社を知る」というよりも「会社のことを詳しく調査する」ことの意味合いが強いです。

 「予約」について考えてみましょう。合同説明会は予約なしに、企業のブースに入って説明を受けますが、単独説明会は予約をして会場に赴きます。 つまり、「単独説明会は参加すれば記録が残る」ということです。一方で合同説明会は参加しても記録は残りません。 この参加記録を元に、会社は今後のエントリーの案内を送ってきたり、リクルーター面接の電話をかけてきたりします。

 「時間」についても考えてみましょう。合同説明会は15分~30分程度、単独説明会は2時間程度です。 単独説明会は「会社のことを詳しく調査する」のに適しています合同説明会は「こんな会社もある」ことを知るのに適しています。 単独説明会は「エントリー」の条件でもあり、「エントリーシート」のネタつくりにも良いですね。 一方の合同説明会は、志望企業を増やし、選択肢の幅を広げるのに良いですね。

 以上より、単独説明会合同説明会違いは「次のステップに進み選考を受けるための会社説明会」か「選択肢の幅を広げるための会社説明会」 の違いだと言えます。

 エントリーや面接など「次のステップに進み選考を受けるための会社説明会」が単独説明会であり、 たくさんの企業を知り、「選択肢の幅を広げるための会社説明会」が合同説明会です。

 単独説明会にだけ参加しても、就活以前から知っていた数少ない企業にしかアプローチをかけられませんし、 合同説明会にだけ参加しても、次のステップに進むことはできません。単独説明会、合同説明会にバランスよく参加することが大事です

 

単独説明会に参加する目的

 単独説明会に参加する目的はなんでしょうか。ただ「みんなが参加しているから」で参加するのではなく、 目的意識をもって参加することが重要です。

 単独説明会は、会社の詳しい説明を受けられる唯一のイベントです。 後に書くことになる「エントリーシート」のネタつくりは、必ず単独説明会でネタを仕入れなければなりません。 内定をもらったら入社したい会社かどうかを見極めるため、またエントリーシートのネタつくりのために参加するのです。

 会社説明会を受けるまでに「自己分析」を行っておく必要があります。 というのも、「入社したい会社かどうか」を見極めるのに、自分の「将来の夢=就職活動の軸」は必須項目だからです。 その会社に入社して、「なりたい理想の自分」を実現できるでしょうか。こういった視点で単独説明会に参加する必要があります。

 時間のない合同説明会と違って、単独説明会では社員に質問する時間が長いです。 会社のホームページを見ても、募集要項を見てもわからないことはすべて単独説明会で聞きましょう。 もしかしたらその会社が自分に最も合っている会社なのかもしれません。

 また、単独説明会は、初めて会社に名前を残すものです。 プレエントリーだけでなく、単独説明会に参加することで「参加記録」がつきます。 会社によってはこの単独説明会の参加実績がリクルーター面接実施の条件になります。

 また、記入用のエントリーシートはWEBで配布される会社もありますが、単独説明会でしか配布しない会社もあります。 エントリーシートがどこで配布されるかは、配布されるまでわかりません。 もしも面倒くさく思って単独説明会に行かなければ、エントリーシートを入手できない可能性があります。

 会社によってはエントリーシートをWEBでダウンロードできても、 単独説明会に参加するまでWEBテストを受けさせてもらえない会社もあります。 単独説明会に参加しないと、選考を受ける意思がないとみなされるのです。注意しましょう。

 単独説明会に参加することで面接で「先輩社員に惹かれました」ということもできます。 「先輩社員の雰囲気が良かった」などと言って志望動機を固めるのは王道ですが、 やはりいろんな会社の社員もこの方法で内定をもらっていたそうです。

 

単独説明会の服装

 単独説明会服装スーツです。

 稀に「私服で来てください」と指定されることがありますが、 そうでないときはすべてスーツで挑みましょう。「服装自由」もスーツです。 あえて私服を指定されたときだけ私服です。

 大学が主催して行われる合同説明会は、私服で参加する人が多い場合もありますが、 リクナビやマイナビなどが主催するものはやはりスーツが基本です。

 また会社によっては名札をつけて座談会を行う場合もあります。 スーツは必ずクリーニングに出して、きれいな状態にして行きましょう。 ヨレヨレのスーツでは印象が悪く、悪い意味で覚えられてしまう可能性もあります。

 そして会社の人は意外と靴を見ています。 靴がきれいかどうかは就活生であろうが、社会人であろうが関係なく、 気を遣わなければならないところだそうです。靴を磨いてから出発しましょう。

 

単独説明会はできるだけ参加しよう

 単独説明会に参加しなければエントリーシート提出とWEBテスト受験ができない会社も多いので、 できるだけ参加して持ち駒を増やさなければなりません。

 単独説明会の回数は、だいたい2回です。開催される回数だけ参加することをおすすめしますが、 大阪在住で大阪会場の説明会があるのにわざわざ東京の説明会に参加するというようなことは必要ありません。 大阪なら大阪会場で開催される回数だけ参加すればいいのです。

 面接が始まる直前は、スケジュールがだいぶ空いてしまいます。 私の就活は4月から面接でしたが、3月中旬以降は就活イベントが何もなく、やたらと不安になったものです。 20社のエントリーでは足りません。30社、40社くらいはエントリーシートを出すつもりで、 どんどん単独説明会に参加しましょう。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 一流企業に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究まとめガクチカまとめ女子就活生マニュアルWEBテスト攻略マニュアル面接官が使う評価シートなど、 様々な内定に直結する豊富な資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

Unistyle

 そして、Unistyleです一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパーク・就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」