リアルタイム閲覧者数:21人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

就活って何から始めればいいの?

 就活は何から始めればいいかを解説します。就活はスタート時期が肝心です。 就活では何をするべきなのか理解しておかないと、たとえ高学歴でも失敗します。 「就活の、いつまでになにをやるべきか」をおさえて有利に就活をすすめましょう。 

 

就活は大学3年生の6月に始まる!就活開始と同時にすること

 経団連のルールでは、就活は大学3年生の3月、つまりは大学3年生の終わりに始まるとされています。 しかし、実態は異なり、大学3年生になった直後の6月には就活が始まります

 日本企業でもアメリカ型の「インターンシップ採用」の機運が高まり、大学3年生の夏休みに行われる「インターンシップ」が重視され始めているのです。 特に、2019年卒からは「1日インターンシップ」が認められましたから、 従来の面接ではなく、インターンシップが選考の主流になっていくのです。

 これについては2019年卒はインターンシップが選考の主流になる!で解説していますが、 インターンシップの募集が始まる大学3年生の6月実質的な就活開始時期です。

 以下では、就活開始と同時にすることを解説します。

 

就活サイトに登録

 まずは、就活サイトに登録するところから始まります。 就活のイベントは就活サイトを通して告知されます。

 インターンシップの募集、企業が一つの会場に集まってブースを設けて行う合同説明会、 企業が単独で行う単独説明会、面接の案内など、企業と就活生の連絡はすべて就活サイトを通じて行われます

 就活サイトでは「リクナビ」と「マイナビ」が有名です。たいていの企業はこの2つのサイトのどちらかに登録しており、 就活生もこの2つに登録しておけば、およそほとんどの企業とコンタクトを取ることが可能です。

 しかし、就活サイトはリクナビとマイナビだけではありません。 就活サイトには「就活生がアプローチする」ものと、「会社がアプローチする」もの、「内定直結イベント」のものと、 「就活情報サイト」の4種類があります。

 リクナビとマイナビは「就活生がアプローチする」就活サイトで、就活生は自ら会社を探し、 リクナビやマイナビを通じてインターンシップに申し込んだり、説明会に申し込んだり、面接を申し込んだりするのです。

 これではずいぶんと非効率的で、無数にある会社から自分に合った会社を探さなければならないという、「無理のある就活」です。 リクナビやマイナビだけを利用した場合、何万社という会社があるうち、たった70社程度しか調べられないという問題があります。

 そこで、「会社がアプローチする」就活サイトを利用します。 会社がアプローチする就活サイトは、キミスカ があります。

 キミスカは、他社のインターンシップ参加情報や他社の選考状況を登録しておくことで、 会社の採用担当者がこれを閲覧し、「この会社に合っている就活生だ!」と会社のほうからアプローチをしてくれる就活サイトです。

 リクナビやマイナビで自分から会社を探すのと同時に、キミスカで会社に探してもらうというやり方がスマートで、 出会える企業の数も倍以上変わります。

 これらの就活サイトは、大学3年生の6月から登録が可能になります。リクナビやマイナビ、キミスカがオープンすると同時に、 これらの就活サイトに登録し、「インターンシップの申し込み」をするところから就活は始まるのです。

 

インターンシップの申し込み

 上でも述べたように、就活はインターンシップの申し込みから始まります。 インターンシップとは「職業体験」のことであり、1日~2週間程度、会社に通って働いてみるというイベントです。

 面接を行うよりよっぽど長い時間、社員とともに過ごすわけですから、 就活生は自分の優秀さをアピールすることができますし、「実際に働いている自分」をイメージすることができます。

 企業はアメリカ型の就活にならって「インターンシップで採用選考をしよう」という機運が高まっており、 年々、インターンシップを行う企業は増えており、もはやインターンシップが選考の主流になるといっても過言ではありません。

 上記の就活サイトでインターンシップ情報を探し、申し込むことが、 就活を始めて最初に行うことです。

 

「自己分析」をする

 自己分析とは、簡単に言えば将来の夢を考えることです。 将来どんな人間になりたいか、何をしているときが一番楽しいかというところから、「将来の夢」を考えます。

 「新卒採用」は「将来の夢採用」でも解説していますが、 就活では必ず「将来の夢」が問われます。遅くともインターンシップまでにはこれを考えておかないと、 選考で落とされてしまいます。

 将来の夢は、就活用語で「就職活動の軸」といいますが、就職活動の軸である「将来の夢」に対する、 「学生時代頑張ったこと(過去)」「長所と短所(現在)」、 「なぜこの会社を選んだのかこの会社に入って挑戦したいこと(未来)」 を会社に熱く語るのが就活のやり方です。

 自己分析ではこの「就職活動の軸」「過去」「現在」までを考えます。

 これは、インターンシップまでには考えておかなければなりません。 というのも、2019年卒からはインターンシップが選考の主流になるため、インターンシップは事実上の採用選考だからです。

 これについては各ページで詳細に解説していますので、参照してください。

 

インターンシップと同時進行で行うこと

 インターンシップと同時進行で行うことを解説します。 インターンシップの次の就活イベントは、大学3年生の3月に「会社説明会が解禁」されるまでは特にありません。

 しかし、会社説明会が解禁されるまで待っているだけではやはり、出遅れます。 近年は会社の「就活生囲い込み合戦」が激化しており、解禁と同時に選考が始まる傾向にあります。

 つまり、3月までには提出する履歴書(就活用語でエントリーシートと言います)と、 筆記試験(就活用語でWEBテスト)の対策を済ませておかないと、「選考に乗り遅れる」ということです。

 では、以下ではインターンシップと同時進行~3月までにやることを解説します。

 

会社探し(業界研究・企業研究)

 まずは「会社探し」を行います。 キミスカ で会社からのアプローチを待つと同時に、 自分でも「自分に合った会社」を探すのです。

 会社は世の中に無数にありますから、いくら探しても探しすぎということはありません。 最低でも50社、できれば70社程度は「自分に合った会社」を見つけておきましょう。

 会社探しは、いきなり会社を探すのでは効率が悪いので、業界研究から始めます。 MY就活ネットでも業界研究を公開していますが、各業界のビジネスモデルを調べることで、 「自分に合った業界かどうか」を調査することができます。

 そして、自分に合っていそうな業界の各社を調べて、「志望動機」を考えるのです。

 会社探し志望動機を考えることをセットで行うことで、エントリーシートを完成させていくことができます。

 業界研究が終わったら行う「企業研究」ですが、MY就活ネットでもMY企業研究で公開していますので、 具体的に何を調べたらいいのかはそちらを参照してください。

 ここでも「自己分析」で考えた「就職活動の軸」つまりは「将来の夢」が重要になってきます。 この「将来の夢」を、その会社で実現できるかどうかを調べることが最重要です。

 ここをおろそかにすると説得力のあるエントリーシートが書けず、選考で落とされてしまいます。

 

エントリーシートの作成

 エントリーシートはどこの会社でも

 の4つのお題を聞かれます。上でも述べた通り、「就職活動の軸」に対する「過去」「現在」「未来」 が問われるのですが、これを各項目で答えていくのです。

 どこの会社でもこの4つということは、あらかじめ準備が可能ということです。 むしろ、あらかじめ準備しておかないと、受付が始まってからでは提出が間に合いません

 「自己分析」で作成した「就職活動の軸」「学生時代頑張ったこと」「長所と短所」に、 「会社探し」で作成した「志望動機」の4セットを続々とつくっていきます。

 これでエントリーシートの原案ができますが、エントリーシートを添削する方法を読みながら添削してみてください。

 

OB訪問

 エントリーシートは自分では完成度が高いと思っても、意外とヌケやモレ、アピールする焦点がずれているということはよくあります。 ですから、第三者視点で「厳しく」見直す必要があります。

 これをすべて自分で済ませるには限界があります。そこで、OB訪問を活用しましょう。 会社にいる、同じ大学のOBに面談を申し込み、会社のことをがっつり教えてもらう活動のことを言います。

 OB訪問で会社の実態を知り、エントリーシートの添削をお願いするのはもはや「常識」とも言われ、 またその会社の内定を得るために自分の存在をアピールする絶好のチャンスです。

 エントリーシートを書いたら、ぜひOB訪問を申し込みましょう。

 

WEBテスト対策

 そして、筆記試験対策も必要です。今時は筆記試験もインターネット上で行われるため、 WEBテストと呼ばれます。WEBテストは内容こそセンター試験よりはるかに簡単ですが、 解くスピードが求められます。

 確かに問題自体は簡単です。ですが、この解くスピードに筆者である私もやられました。 第一志望の会社が一番最初のWEBテストとなり、初めて解いた私は半分も解けずに沈没したのです・・・

 一度や二度くらい練習すれば楽勝なのですが、まったくの無勉強は危険です。 私のように第一志望の会社でWEBテストで不合格にならないように、練習くらいはしておくべきでしょう。

 WEBテスト対策は、キャリアパークで無料で対策資料がダウンロードできるのと、 Start就活で実戦練習ができます。

 書店でWEBテストの対策本が販売されていますが、センター試験を受けてきたような就活生には不要です。 まずは上記のサイトで無料で練習できますから、ここで練習してダメそうなら本を買うという姿勢で良いと思います。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」