リアルタイム閲覧者数:22人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】京都に本社がある地元企業

 近年、地元で就職したいと希望する、地元志向の就活生が増えています。 なにも大卒で就活をするからといって、必ずしも東京で働かなければならないわけではありません。 ここでは、京都に本社がある地元企業を紹介します。 

 

京都に本社がある地元企業

 京都に本社を置いている地元企業を、売上高順に掲載します。

会社名業界売上高平均年収備考
京セラ電機メーカー1兆4000億円625万円
日本電産電機メーカー1兆1000億円583万円
村田製作所電機メーカー1兆1000億円650万円
SGホールディングス陸運業9300億円非公開佐川急便
オムロン電機メーカー7900億円735万円
任天堂その他製品(ゲーム)4800億円868万円
GSユアサコーポレーション電機メーカー3500億円766万円
ローム電機メーカー3500億円691万円
島津製作所精密機器3400億円745万円
SCREENホールディングス電機メーカー3000億円837万円
ニチユ三菱フォークリフト輸送用機器2700億円612万円
宝ホールディングス食品メーカー2300億円774万円
ワコールホールディングス繊維製品1900億円690万円
堀場製作所電機メーカー1700億円644万円
三洋化成工業化学メーカー1500億円643万円
日新電機電機メーカー1200億円663万円
日本写真印刷その他製品1100億円562万円
京都銀行銀行業1100億円629万円
ニチコン電機メーカー1000億円533万円
日本新薬製薬業界980億円763万円
アイフル消費者金融910億円562万円

 

地元企業への志望動機

 基本的に地元企業だからといって、特別な志望動機を書かなければならないわけではありません。 あくまでも企業はビジネスを目的としていますから、ビジネスに関連した志望動機でなければなりません。

 志望動機の書き方のページでも解説している通り、 エントリーシートは「『将来の夢』実現ストーリー」を熱く会社にぶつけるものです。

 「ただ生活費がほしいだけの理由で就職する人」と、「将来の夢の実現のために就職する人」だと、 どちらが一生懸命に研修を受けて、その後もバリバリ活躍してくれそうかは言うまでもないと思います。 企業は、「将来の夢」に対する熱意を感じられ、なおかつ「将来の夢」と会社に関係性が見いだせれば、内定を出すのです。

 ですから、地元企業だからというだけの理由を志望動機にすると、落とされてしまいます。

 会社にも実は「将来の夢」があり、それが「経営理念」です。 「会社の将来の夢」をかっこよく言い換えたのが「経営理念」だと考えれば、話は簡単です。

 「私の就職活動の軸は、貴社の経営理念と一致しています。だから私は貴社に入社しなければなりません。」 と熱意を込めてアピールするのです。

 「将来の夢」については就職活動の軸で詳しく解説していますが、 この「将来の夢」と「地元企業であること」が関係ないのであれば、「地元企業」を志望動機にすべきではないでしょう。

 逆に、将来の夢が「地元を活性化したい」「地元を日本の最先端にしたい」といったものであれば、 そのエリアに根差した活動をしている地元企業の経営理念と一致することもあるでしょう。

 

地元企業に就職するメリット

 地元企業に就職するメリットは、生活環境を維持できるところにあります。 住む家も、普段行くお店も、方言も変わりません。

 就職して東京へ出ると生活環境が一変して、ホームシックになったり病気になったりしがちですが、 地元の企業であれば生活環境の変化を少なく抑えることができます。

 特にエネルギー業界や鉄道業界は転勤がほぼなく、地元志向の就活生の就職先として人気です。 また、地域密着型の企業では転勤がありません

 転勤のある企業でも、本社が地元であれば地元に帰ってこれる可能性が高く、 会議等のついでに帰省できる機会も多いです。人事でも多少、勤務地は気を遣ってもらえます。

 

地元企業の探し方

 地元企業はどうやって探せばよいでしょうか。特に非上場企業や中小企業となると情報が少なく、 メディア等への露出も少ないため知名度がありません。

 探し方の1つとしては、上場企業の「売上高ランキング」等で順番に企業の詳細を見て、 会社のホームページを見て本社所在地を探す方法があります。 MY就活ネットではこの方法で企業を検索していますが、やはり限界があります。

 というのも、大企業こそ株式を上場しているため情報が出てきやすい一方で、 本社所在地ごとに「売上高ランキング」などをつくっているサイトはMY就活ネットしかなく、 非上場企業や中小企業は探しきれないからです。

 これが地元企業への就活の難しいところでもあります。

 そこで、中小企業に強い就活サイトを紹介します。 それは、就活オンラインです。

 就活オンラインでは「おなじみのものづくり企業」「ニッチな業界売上トップ」「小さな世界ブランド」のような、 優良企業を多数掲載しています。

 またうれしい特典として、就活オンラインから申し込んで採用が決まれば、お祝い金10万円がもらえるキャンペーンも行われています。 就活オンラインで、楽しく働けそうな会社を探してみましょう。



 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっており、その数は1万7000通を超えています。 省略なしのエントリーシートは他ではなかなか手に入りません

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」