リアルタイム閲覧者数:24人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】面接に有利な時間帯

 新卒就活面接には有利な時間帯があります。 面接の時間帯を自分で予約できる場合、有利な時間帯に予約をしたいものですね。 以下では面接有利時間帯を解説していきます。 

 

面接は早い時間帯が良い

 面接早い時間帯が良いです。面接を予約する際は、 最速の時間帯を選択しましょう。8時30分、9時など早い時間帯の場合は起きるのも大変ですが、 早ければ早いほど有利です。

 たまに遅い時間帯が良い、最後の時間が良いという方もいますが、面接官の気持ちになって考えてみれば、 明らかに午前中の中でも特に早い時間帯が有利です。というのも、遅い時間になればなるほど、 面接官は疲れてしまうからです

 1日に何人もの人と会うのはとても疲れます。10分~30分ごとに学生が入れ代わり立ち代わり現れます。 面接官は1人1人の自己紹介を受け、自己PRを聞き、志望動機を聞き、質問もしなければなりません。 体力的にも精神的にも面接は疲れます。

 疲れてストレスがたまるほど、ポジティブな評価はしにくいものです。 「また同じ志望動機か」「この自己PRのネタは今日3人目だよ…」とイライラが募ります。 前の誰かと面接のネタが被ってしまうと間違いなく低評価です

 また、「遅い時間帯のほうが面接官の記憶に残る」という方もいます。 早い時間帯に面接を受けると、面接官は夜まで覚えていられないというものです。

 これも違います。朝から夜まで面接をぶっ通しで行い、すべてが終わってから評価を始めるのではありません。 面接官は、1人の面接が終わればその都度「評価シート」に面接の結果を書き込み、それから次の面接を始めます。

 確かに最後に面接をした学生のことはよく覚えているかもしれません。 しかし、その時にはすでに全員分の評価シートを書き終えてしまっているのです。 記憶に残ったところで特にメリットはありません。

 それより面接官が疲れている時間帯に面接を受けるよりも、 面接官が元気な時間帯に面接を受けるほうがよっぽど高い評価を得られる可能性がありますし、 朝一番で面接会場に到着すれば熱意も認められます

 

面接の日程も早いほうがいい

 面接日程は、時間帯より優先すべきです。 面接は早い日程に受けた人ほど有利です。6月2日の午前8時30分に面接を受けるより、6月1日の夕方16時に面接を受けたほうが有利なのです。 その理由を解説していきます。

 企業はできるだけ早く内定者を決定し、囲い込んでしまいたいものです。 のんびりしていると学生はほかの会社にとられてしまいます。面接が解禁になったら、 どこの会社よりもいち早く内定を出し、就活をやめさせたいのです。

 そのため、6月1日に面接を受け、一次面接の結果が良ければ面接の翌日には通過者に対して二次面接の案内を出します。 6月2日に一次面接を受けている人もいる中で、同じ日に二次面接の連絡をもらっている人もいるのです。 面接を急ぐ企業であれば、6月3日に一次面接をやりながら、二次面接も同時に行っている企業もあります。 

 企業は最速の日程で最終面接を通過した学生から順番に内定を出します。内定者が採用予定数に達した時点で、 企業は残りの面接はすべてキャンセルするか、空面接にします。

 つまり、一次面接が6月1日だった学生から優先的に内定が出され、 6月2日以降に一次面接を受けた学生は、優先順位が低くなるのです。

 そもそも最速の日程で面接を受けようとする学生と、遅い日程で面接を受けようとする学生とでは、 前者のほうが熱意があると認められます。逆に言えば、遅い日程の学生は熱意がないのです。 早い日程の学生から順番に採用していくのも説得力があります。

 いくら面接の時間帯は早いほうがいいとはいえ、遅い日程で面接を受けると圧倒的に不利になります。 2日目の午前中を選ぶくらいなら、1日目の午後を選んだほうが有利です。

 面接を予約する際は、まず一番早い日程を選び、その次に一番早い時間帯を選ぶようにしましょう。

 

面接の日程・時間帯が指定された場合の有利不利

 面接日程時間帯指定された場合の有利不利を検討しましょう。 6月1日、2日、3日のうち、6月1日の朝一番に指定を受けた時、面接は有利なのでしょうか。 逆に6月3日に指定を受けた場合、面接は不利なのでしょうか。

 上でも述べている通り、早い日程、早い時間帯が有利なことは間違いありません。 有名な大企業に内定をもらった友達はだいたい最速の日程で面接の日を指定されていました。 JRやガス会社など、内定者のうちほとんどは面接解禁日に面接を受けた人です。

 しかし、遅い日程、遅い時間帯ならあきらめたほうがいいのかというと、そうとも限りません。 いくら早い日程、早い時間帯が有利とはいえ、期待されている学生皆が皆優秀というわけではありません。 期待していたほど優秀な学生が集まらなかった場合、遅い日程の学生から内定者を選びます。

 不利ではありますが、落ちたわけではないのです。 早い日程の学生よりいいアピールができれば逆転の可能性は大いにあり得ます。

 「早い日程・早い時間帯に面接を受ける学生は、会社から期待されている」という考え方も、 当てはまる企業と当てはまらない企業があります。

 インフラ企業はだいたい当てはまりますが、メーカーだとそうでもありませんでした。

 特に私が内定を得た会社は、早い時間帯に面接を受けた学生はすべて落ちていました。 私が面接の待合室に入ったとき、人事の持っている名簿をチラ見したのですが、 すでに10人ほど面接を受けた後でした。

 待合室に居合わせた他の就活生と談笑している際に「最終面接なのに倍率3倍くらいありそうだね」 「もう10人面接終わってるみたいだし俺らダメかもな」などと話していたのですが、 内定者懇談会に現れたのは全員、私と同じ時間帯に待合室にいた人たちだったのです。

 朝一番の時間帯でもなければ、遅い時間帯でもなく中途半端な「午前11時」に面接を受けた人たちが全員内定をもらったのです。

 予め内定を出す人はすでに決まっていて、面接の時間帯も「合格予定者」「不合格予定者」 で分けていたのではないかと思います。

 自分で面接の日程・時間帯を予約する場合はともかく、会社から時間帯を指定された場合は、 必ずしも不利と決まったわけではなく、時間の設定自体にたいした意味はないこともあるわけです。

 遅い日程、遅い時間帯だからといってあきらめてしまう必要はないでしょう。

 

面接時間の変更は絶対にやめよう

 面接時間変更するのは絶対にやめましょう。 一旦予約した面接の時間を変更するのは不利どころか不合格の原因です。 面接の時間をいったん決めたら、あとは時間通りに面接を受けるしかありません。

 面接時間変更してはいけない理由は、 その会社が第一志望じゃないことがバレバレだからです。 その会社に就職するよりも大切な予定が急に入って、面接の時間を変更しようとするわけです。 面接官に「うちの会社に対して本気じゃないんだな」と思われても仕方がありません。

 他の志望度の高い会社の面接の予定が入った場合や、誰でも納得するような事情、 例えば結婚式やお葬式などの理由がある場合はともかく、「朝は眠いから」「友達と遊ぶ約束があるから」 「バイトがあるから」「しんどいから」といった理由で面接の時間を変更するのは不利になる一方です。

 そもそも一旦決めたことを覆すことは、社会人のマナーに反しており、失礼にあたります。 人事担当者に迷惑をかけますし、面接官のスケジュールも組み直しになってしまいます。 面接の時間の変更は相手にとって迷惑なのです。

 そして、「この会社より優先すべきものがある」と思われてしまいますので、 面接の時間を変更すると「熱意がない」というアピールになってしまいます。 自社が第一志望じゃないことがわかったとき、あなたが面接官ならどう思うでしょうか。

 他の第一志望の学生を採用したいと思いますよね。 面接の時間を後になって変更しようとしてくる学生はあまり採用したくないはずです。

 他の第一志望の会社の面接と日程が被ってしまったときは、仕方がありません。 第一志望じゃない会社には面接の時間帯を変更してもらわなければなりません。

 面接時間変更したからといって完全にあきらめてしまう必要はありませんが、 内定の確率はグンと下がると思っておきましょう。安易な変更は絶対にダメです。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 一流企業に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究まとめガクチカまとめ女子就活生マニュアルWEBテスト攻略マニュアル面接官が使う評価シートなど、 様々な内定に直結する豊富な資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

Unistyle

 そして、Unistyleです一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパーク・就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」