MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:7人
※本サイトはプロモーションが含まれています

文系のメーカー就職!どこがいい?勝ち組おすすめ企業48社

文系のメーカー就職|業界研究

 文系のメーカー就職に役立つ企業一覧、選考、エントリーシート・志望動機の書き方などについて解説しています。 「文系は狭き門で就職は難しい」と思い込みがちですが、実は超優良なのに知名度が低いBtoBメーカーがたくさんあり、 そこではライバルが少ないため有利に選考を受けることができます。

この記事の要点

  1. メカトロニクス・半導体製造装置・素材メーカーがおすすめ!48社を紹介
  2. BtoBメーカーは文系でも就職難易度が低い
  3. 文系が必要とされる役割がある!
  4. 文系おすすめ企業を一覧にして紹介


おすすめ・人気記事

 

おすすめはどこ?

 文系のメーカー就職でおすすめなのは、BtoBメーカーのうち、特に勢いのあるメカトロニクス半導体製造装置です。

 「メーカーは文系には厳しい」と思ってしまいがちですが、そうではありません。 知名度の低いBtoBほどライバルの就活生が少なく、有利に選考を受けることができるからです。 そして製品の売り方の工夫という、文系専用の重要な仕事があります。

 その他、「メーカーの王」である素材メーカー、特に高炉メーカー化学メーカーは将来性も高く、 同じく知名度の低さから文系にもおすすめできる企業群です。

 一方で文系にはスキルがないと将来に悩む学生にはマーケティング企業をおすすめしています。 マーケティングは日本企業が軽視してきたスキルですが、BtoCではこれができないと勝負にならない時代に突入しており、 いろんな企業が血眼になってマーケティング経験者を探し、部長待遇や役員待遇でヘッドハンティングしています。

文系はオワコンじゃない!|文系の時代が来ている!

 また、メーカー以外を含めたおすすめ企業は次の記事で紹介しています。

文系にオススメの業界|勝ち組ホワイト業界・就職の穴場など!

 では早速、おすすめ企業のピックアップから紹介していきます。 以下の一覧では、企業名をタップするとMY就活ネット独自の企業研究記事に遷移します。

 

1.メカトロニクス

メカトロニクスのランキング
会社名売上高平均年収年間休日
キーエンス9224億円2279万円128日
オムロン8760億円899万円126日
ファナック8519億円1284万円125日
安川電機5559億円863万円125日
DMG森精機5394億円892万円121日
ダイヘン1852億円858万円120日以上

解説を開く

 最もおすすめなのがメカトロニクス(FA/工作機械)です。

 今どき工場ではパソコンで数値を入力して、その通りに部材を切ったり削ったりするのは当たり前ですが、 それを当たり前にしたのが日本企業です。工場の自動化という世界の流れに乗りに乗っていて、 高収益をたたきだし、年収も高いです。

参考:受注は年平均5%超伸びの試算も…工作機械メーカーが加速するそれぞれの成長戦略|ニュースイッチ

 将来性バツグンである一方、BtoB企業なため知名度が低く、就活では知る人ぞ知る優良企業です。 ビジネス界や理系には超有名な一方で、文系にはまるで知名度がありません

 特にオムロンのことを体温計や体重計の会社だと思っていた人は多いのではないでしょうか。 実はオムロンの売上高のうちヘルスケア部門は12%に過ぎず、その真の姿は工場の自動化の会社です。 「オートメーションセンタ」を開設して無人製造ラインのデモを顧客に見せ、「工場の自動化」で大盛況を見せています。

 この分野では電機メーカー機械メーカーが世界的に大きな存在感を誇っています。 併せて知っておいてほしい業界です。

電機メーカー76社!将来性あるおすすめ企業!

機械メーカーがすごすぎる!49社の業界研究・志望動機・平均年収

 

2.半導体製造装置

半導体製造装置のランキング
会社名売上高平均年収備考
東京エレクトロン2兆2090億円1399万円全般
荏原製作所6808億円844万円全般
アドバンテスト5601億円1010万円検査装置
SCREENホールディングス4608億円924万円洗浄
ディスコ2841億円1330万円切削・研磨
アルバック2275億円813万円成膜・エッチング
浜松ホトニクス2214億円772万円レーザー切断
ウシオ電機1750億円762万円UVランプ世界首位

解説を開く

 同じくおすすめなのが半導体製造装置です。

 詳細は専用の記事で解説しますが、歴史的にこれらの企業がいち早く技術力を確立したため、 外国企業がいまさら参入しても太刀打ちできないほど高みに上ってしまった業界です。 おかげで利益率がよく、年収も非常に高いですね。

参考:東京エレクトロン、ディスコ、レーザーテックは「年収倍増」、未経験者もシニアも狙う人材大争奪戦のリアル|ダイヤモンドオンライン

 これらの企業がなければiPhoneもギャラクシーも不良品率が爆上がりして、 とても商品と呼べるシロモノにはならなかったでしょう。

半導体産業って何がすごいの?|今さら聞けないシリーズ

 特に文系におすすめなのがディスコです。 同社はシリコンウエハー加工機械のメーカーで、ICチップなどに使われる半導体であるシリコンを、 「切る・磨く・削る機械」を製造している会社です。これだけ聞くとバリバリの理系企業のように思えますよね。

 ですが、ディスコには文系・理系の区別がないところに大きな特徴があります。

 社内通貨制度「ウィル」があり、仕事をするとウィルが稼げます。 そのウィルを使って、仕事オークションで好きな仕事を落札できるという仕組みになっており、 所属部署に関わらず得意な仕事で活躍できるようになっています。

 「文系だから」「理系だから」という縛りがなく、どんどん技術を学んでいくことも可能です。 さらにウィルを稼げばボーナスに上乗せ支給される制度があり、それゆえメーカー企業ではかなり高給です。 ちなみに、2023年度のボーナスは基本給の19.86ヶ月分だったそうです。

ディスコの企業研究・志望動機

 

3.半導体材料

半導体材料メーカーのランキング
会社名売上高平均年収備考
信越化学工業2兆8088億円877万円シリコンウエハー世界首位
SUMCO4259億円841万円シリコンウエハー世界2位
JSR4088億円829万円フォトレジスト世界首位
日産化学2280億円826万円フォトレジスト用コーティング剤世界首位
日本化薬1848億円734万円半導体封止用エポキシ樹脂世界首位
東京応化工業1622億円872万円フォトレジスト世界2位
太陽ホールディングス973億円829万円ソルダーレジスト世界首位

解説を開く

 半導体材料は、聞いたこともない会社が多いと思います。 しかし実は、半導体製造の根幹を担う業界で、装置と材料はともにスマートフォンやパソコンの性能を左右しています。 これらは日米で世界シェアの大半を取っているために、政治の世界において外交カードとして利用されるほど重要な品目です。

参考:日本の先端半導体製造装置の輸出規制:米国の対中制裁は「デリスキング」から「デカップリング」に進むか|NRI

 半導体材料や製造装置は非常に高度な技術力を持ち、日米で世界を分割しながら得意分野をそれぞれ分け合ってきた経緯があり、 そのまま何十年も経ったのでもはや誰も追いつけない高みに登ってしまいました。

 ですが、学生への知名度が皆無なため就活では穴場になっています。 あまりにもったいない

 

4.高炉メーカー

高炉メーカーのランキング
会社名売上高平均年収年間休日
日本製鉄7.9兆円825万円119日
高炉
JFE5.2兆円1242万円119日
高炉
神戸製鋼所2.4兆円606万円121日
高炉

解説を開く

 高炉メーカーはその圧倒的な技術力、そして規模から日本産業の王として長らく君臨してきました。 これらの企業に逆らえる会社はトヨタ自動車くらいしかありません。 なぜならその技術力から替えが利かないためです。

 これらの企業は関連したビジネスを多く展開しており、経営参謀としての文系総合職の仕事もたくさんあります。

鉄鋼メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 

5.化学メーカー

化学メーカーのランキング
会社名売上高平均年収年間休日
三菱ケミカル4.6兆円1045万円123日
住友化学2.8兆円911万円124日
信越化学工業2.8兆円877万円120日以上
富士フイルム2.8兆円1033万円125日
旭化成2.7兆円761万円120日
東レ2.4兆円757万円123日
三井化学1.8兆円892万円言及なし
レゾナック1.2兆円1026万円122日
日本ペイント1.4兆円977万円128日
塗料世界4位
積水化学工業1.2兆円913万円125日
建材・住宅
日本酸素1.1兆円977万円126日
産業ガス世界4位
東ソー1.0兆円762万円122日

解説を開く

 化学メーカーは「鉄以外の素材」を作っているメーカーで、圧倒的な技術力から世界を独占している分野が多く、 その収益力から給料が高く、残業は少ない年間休日が軒並み120日を超えるなど業界全体がホワイトという特徴があります。 文系の仕事は主に「新素材の使い道を提案する」ことや「顧客がしたいことを実現できる素材の条件を見つける」ことです。

 三菱ケミカルは「儲からない生分解性プラスチックを開発し続けた」など経営センスが良すぎて毎週、日経ビジネスに記事が載るくらいビジネス界の超大物です。 日亜化学工業は後にノーベル賞を受賞した「青色LED」を発明した会社ですし、プラスチックの留め具といえばだいたいニフコです。

 こちらも理系の注目度は高い一方で、文系の知名度はほとんどないため、 有利に選考を受けることができます

 ここで紹介しているのはごく一部ですが、化学メーカーは数も多いのでぜひ専用の記事もご覧ください。

化学メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 化学メーカー・鉄鋼メーカー・非鉄金属メーカーをまとめて「素材メーカー」と呼びますが、 これら産業の上流工程に位置する業界は景気の変動に強いことや、 最終製品の売れ行きに影響を受けにくいことから、安定的に高収益を生み出す業界だと言えます。

素材メーカーとは?おすすめの最強の就職先

 

6.マーケティング企業

マーケティング企業(生活消費財)のランキング
会社名売上高平均年収備考
花王1.5兆円802万円122日
資生堂9730億円741万円129日
ユニ・チャーム9417億円843万円120日
ライオン4027億円666万円124日
コーセー3004億円788万円125日
ポーラ・オルビス1733億円746万円125日
ファンケル1035億円619万円120日以上
P&G820億ドル非公開120日
ユニリーバ644億ドル非公開123日
ロレアル411億ユーロ非公開125日

マーケティング企業(食品)のランキング
会社名売上高平均年収年間休日
サントリー3.2兆円1133万円121日
酒造
JT2.8兆円927万円120日以上
アサヒ2.7兆円1233万円123日
酒造
キリン2.1兆円957万円123日
酒造
味の素1.3兆円1048万円124日
調味料

解説を開く

 マーケティングとは、簡単に言えば売れる仕組みづくりをする仕事です。 先ほど少し触れましたが、日本企業は技術偏重で売り方の工夫をしてきませんでした。

 しかしこの企業群は技術力で差がつかないためにいち早くマーケティングが必要になり、 すでに伝統芸として習得済みです。この企業群で働けば、文系専用のマーケティングスキルが身に付き、 一生食うに困らない人材になることができます。

 特におすすめはP&G味の素サントリーです。

マーケティングとは?将来性の高い文系最高スキル

 

BtoBメーカーの一覧

 文系におすすめのBtoBメーカーを一覧にして紹介します。 やりがいと待遇のバランスが取れていて、かつ就職難易度が低いというお買い得業界ですから、ぜひこれらの企業に応募してみましょう。

 

素材メーカー(鉄鋼)

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
日本製鉄7.9兆円825万円119日
高炉
JFE5.2兆円1242万円119日
高炉
神戸製鋼所2.4兆円606万円121日
高炉
プロテリアル1.1兆円729万円126日
電炉
大同特殊鋼5785億円761万円125日
電炉
山陽特殊製鋼3938億円730万円119日
電炉
東京製鐵3612億円808万円116日
電炉
共英製鋼3357億円709万円127日
電炉
トピー工業3344億円639万円120日
電炉
愛知製鋼2851億円668万円124日
電炉
合同製鐵2353億円620万円126日
電炉
日本冶金工業1993億円681万円119日
電炉
中山製鋼所1885億円649万円120日
電炉
大和工業1804億円828万円128日
電炉
三菱製鋼1705億円698万円123日
電炉
JFE条鋼1428億円非公開127日
電炉
栗本鐵工所1248億円726万円125日
電炉
大阪製鐵1171億円587万円121日
電炉
中部鋼鈑763億円729万円112日
電炉
【関連記事】 鉄鋼業界とは?|就職難易度や将来性など19社の業界研究
 

素材メーカー(非鉄金属)

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
住友電気工業4.0兆円779万円121日
電線御三家
三菱マテリアル1.6兆円697万円126日
銅・ニッケル・セメント
住友金属鉱山1.4兆円835万円125日
銅・ニッケル・金
古河電気工業1.0兆円685万円121日
電線御三家
UACJ9628億円718万円121日
アルミニウム
フジクラ8064億円770万円121日
電線御三家
DOWA7800億円866万円123日
銅・亜鉛・レアメタル
日本軽金属5169億円1031万円120日
アルミニウム
ARE2924億円911万円120日
貴金属・レアメタル
リョービ2826億円662万円120日
ダイカスト
大紀アルミニウム2730億円781万円115日
アルミニウム
古河機械金属2141億円797万円121日
銅・金・銀
SWCC2091億円734万円121日
銅・電線
東邦亜鉛1457億円580万円112日
亜鉛・鉛
アーレスティ1409億円557万円120日
ダイカスト
【関連記事】 非鉄金属メーカー15社!業界研究・ランキング・ホワイトな理由
 

素材メーカー(化学)

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
日本ペイント1.4兆円977万円128日
塗料世界4位
積水化学工業1.2兆円913万円125日
建材・住宅
日本酸素1.1兆円977万円126日
産業ガス世界4位
DIC1.0兆円754万円124日
印刷用インキ
エア・ウォーター1.0兆円754万円126日
隠れ優良企業
クラレ7809億円784万円120日
隠れ優良企業
関西ペイント5090億円759万円125日
塗料世界8位
artience3221億円749万円123日
印刷用インキ
ニフコ3217億円650万円120日
工業用ファスナー
アイカ工業2420億円690万円124日
隠れ優良企業
サカタインクス2283億円705万円126日
印刷用インキ
日油2177億円796万円121日
プラスチックリサイクル
エフピコ2112億円696万円126日
隠れ優良企業
クレハ1912億円749万円120日
樹脂製品
高砂香料工業1867億円807万円123日
隠れ優良企業
日本化薬1848億円734万円128日
隠れ優良企業
三洋化成工業1749億円762万円126日
樹脂製品
小林製薬1734億円725万円127日
日用品
東亜合成1593億円678万円123日
半導体材料・アロンアルフア等
アース製薬1583億円662万円120日以上
日用品
ダイキョーニシカワ1457億円523万円121日
自動車・住宅部品
森六1420億円723万円120日
商社部門も持つメーカー
JSP1317億円719万円120日以上
発泡製品
石原産業1312億円698万円121日
二酸化チタン
積水化成品工業1246億円709万円123日
発泡スチロール最大手
大日精化工業1220億円736万円125日
印刷用インキ
日本パーカライジング1191億円728万円125日
隠れ優良企業

 会社数が多いため、一部のみ抜粋しています。 この業界はホワイト企業がとても多いため、ぜひ次の関連記事をご覧ください。

【関連記事】 超優良!化学メーカーへの就職は難しい?63社の業界研究
 

電機メーカー(BtoB)

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
ニデック2.2兆円687万円124日
産業モーター世界首位
TDK2.1兆円790万円125日
リチウムイオン電池
京セラ2.0兆円723万円125日
半導体部品
村田製作所1.6兆円803万円123日
コンデンサ世界首位
ルネサスエレクトロニクス1.4兆円890万円125日
車載マイコン世界首位
ミネベアミツミ1.2兆円729万円121日
ベアリング
アルプスアルパイン9331億円624万円122日
車載モジュール
GSユアサ5177億円948万円126日
車載電池世界2位
ローム5078億円856万円126日
パワー半導体
横河電機4564億円886万円124日
制御・計測
スタンレー電気4377億円598万円121日
車載ランプ
イビデン4175億円733万円123日
半導体パッケージ世界首位
ミツバ3195億円530万円121日
モーター・ワイパー
太陽誘電3195億円734万円126日
コンデンサ世界3位
新光電気工業2863億円742万円126日
隠れ優良企業
ホシデン2772億円685万円129日
電子部品OEM
サンケン電気2253億円704万円124日
パワー半導体
浜松ホトニクス2214億円772万円121日
隠れ優良企業
ニチコン1847億円635万円122日
コンデンサ
ヒロセ電機1832億円896万円124日
隠れ優良企業
マブチモーター1786億円695万円127日
車載モーター世界首位
ウシオ電機1750億円762万円125日
隠れ優良企業
メイコー1672億円625万円121日
プリント基板
日本ケミコン1618億円632万円122日
アルミ電解コンデンサ世界首位
市光工業1458億円628万円121日
自動車部品
新電元工業1010億円744万円129日
電源

 会社数が多いため、一部のみ抜粋しています。 この業界は「隠れ優良企業」がとても多いため、ぜひ次の関連記事をご覧ください。

【関連記事】 電機メーカー76社!将来性あるおすすめ企業!
 

機械メーカー

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
三菱重工業4.2兆円919万円126日
川崎重工業1.7兆円737万円120日
IHI1.3兆円793万円128日
住友重機械工業1.0兆円796万円124日
DMG森精機5394億円892万円121日
四大工作機械メーカー
アマダ3656億円668万円125日
金属加工機械
ヤマザキマザック非公開非公開120日
四大工作機械メーカー
不二越2654億円657万円122日
切削工具
牧野フライス製作所2279億円734万円124日
四大工作機械メーカー
オークマ2276億円696万円124日
四大工作機械メーカー
芝浦精機1231億円642万円126日
工作機械

 会社数が多いため、一部のみ抜粋しています。 この業界は「隠れ優良企業」がとても多いため、ぜひ次の関連記事をご覧ください。

【関連記事】 機械メーカーがすごすぎる!49社の業界研究・志望動機・平均年収
 

自動車部品メーカー

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
デンソー6.4兆円811万円122日
制御システム
アイシン精機4.4兆円688万円121日
トランスミッション
豊田自動織機3.3兆円793万円122日
エンジン・コンプレッサ
ヤマハ発動機2.4兆円812万円121日
電動モーター
住友電装1.6兆円非公開121日
ワイヤ―ハーネス
トヨタ紡織1.6兆円700万円121日
内装・外装
豊田合成9518億円659万円121日
ゴム・樹脂
NOK7099億円745万円121日
ゴム・樹脂
フタバ産業7080億円581万円121日
ゴム・樹脂
日立astemo7006億円非公開121日
パワートレイン
日本特殊陶業5626億円690万円121日
点火プラグ・排気センサ
東海理化電機製作所5531億円583万円121日
スイッチ・レバー
KYB4312億円682万円121日
油圧
日産車体3075億円670万円121日
商用車・高級車
ユニプレス3044億円622万円121日
プレス部品
武蔵精密工業3015億円626万円118日
ギア
ハイレックスコーポレーション2986億円508万円122日
ケーブル
エクセディ2856億円550万円121日
駆動系装置
日本精機2757億円583万円122日
計器
エフテック2611億円588万円122日
シャーシシステム
タチエス2434億円554万円121日
シート
愛三工業2408億円642万円121日
燃料・吸排気
エフ・シー・シー2189億円659万円118日
クラッチ
ユタカ技研2180億円675万円121日
駆動・排気系
【関連記事】 自動車部品メーカー35社!業界研究・志望動機・平均年収
 

BtoCメーカーの一覧

 文系におすすめのBtoCメーカーを一覧にして紹介します。 高い知名度に加えてマーケティングのスキルが身につくというメリットがあります。 ただし就職難易度が非常に高いため、これらの企業に志望先を絞るのは危険です。

 

電機メーカー(BtoC)

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
ソニー11.5兆円1102万円126日
総合電機
日立製作所10.8兆円916万円124日
総合電機
パナソニック8.3兆円909万円126日
総合電機
三菱電機5.0兆円827万円122日
総合電機
富士通3.7兆円879万円127日
総合電機
NEC3.3兆円843万円127日
総合電機
東芝3.3兆円926万円124日
総合電機
シャープ2.5兆円709万円127日
総合電機
【関連記事】 電機メーカー76社!将来性あるおすすめ企業!
 

食品メーカー

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
サントリー3.2兆円1133万円121日
酒造
JT2.8兆円927万円120日以上
キリン2.1兆円957万円123日
酒造
アサヒ2.7兆円1233万円123日
酒造
明治1.0兆円1013万円122日
コカ・コーラ日本8240億円非公開123日
サッポロ5186億円899万円121日
酒造
ヤクルト本社4830億円850万円120日
伊藤園4316億円600万円120日
3506億円748万円124日
酒造
江崎グリコ3325億円823万円126日
ロッテ2820億円非公開129日
カルビー2793億円769万円123日
ダイドー2133億円736万円123日
森永製菓1943億円770万円120日以上
不二家1055億円539万円120日以上

 会社数が多いため、一部のみ抜粋しています。 この業界にはマーケティング企業が多数存在していますので、ぜひ次の記事をご覧ください。

【関連記事】 食品メーカーの就職は難しい?|44社の業界研究!
 

自動車メーカー

一覧を開く

会社名売上高平均年収年間休日/備考
トヨタ自動車37.1兆円895万円121日
本田技研工業16.9兆円822万円121日
日産自動車10.5兆円851万円121日
スズキ4.6兆円686万円121日
マツダ3.8兆円659万円121日
SUBARU3.7兆円659万円121日
いすゞ自動車3.1兆円777万円121日
三菱自動車工業2.4兆円744万円121日
日野自動車1.5兆円654万円121日
【関連記事】 自動車メーカーへの就職|9社の業界研究・志望動機・平均年収
 

ハウスメーカー

一覧を開く

会社名売上高平均年収備考
大和ハウス工業4.1兆円901万円
積水ハウス2.4兆円909万円
大東建託1.4兆円783万円
住友林業1.1兆円845万円
旭化成ホームズ6440億円840万円
ミサワホーム3910億円846万円
一条工務店3660億円721万円
パナソニックホームズ3410億円749万円
三井ホーム2190億円730万円
【関連記事】 勝ち組!建設業界への就職45社!|将来性・ランキング・志望動機
 

文系の仕事は何?

 メーカーの文系の仕事は、顧客の工場長や研究所長に「君に任せるしかない!」と言わせることです。

 具体的には出世コースである「営業」が前提ですが、安心してください。 テレビドラマにありがちな土下座のイメージとは異なります。そんなことをしても何の意味もないからです。

 メーカーのビジネスは「品質と納期」がモノを言いますが、「うちの商品を使えば御社の不良品率が下がります」 「注文から3日以内に納品できます」など「工場長の気持ちをわしづかみにする」するのです。

 そのため「自社製品がなぜ顧客の役に立つのか」をまとめた資料をつくったり、 顧客から仕入れた情報を社内に共有するための報告書をつくったりするのが、文系の新入社員の仕事です。 半年から1年もすれば1人で顧客工場に出張するようになります。

 しんどそうでしょうか?ですがその面白さは何物にも代えがたいものです。 なぜなら営業先は「決定権者」であり、つまりは部長や取締役級だからです。 そんなエライ人に「君に任せるしかない」なんて言われたら、承認欲求が満たされます

 ついでに言えば社内での立場は強く、「他部署に命令」するような機会がたくさんあります。 メーカー文系は承認欲求も自己肯定感も満たされる、そんな仕事をします。

営業の仕事内容|どれくらいキツい?実は面白い!

 

文系の出世コースはどこ?

 文系の出世コースの部署は、「営業部」か「商品開発部」が基本的です。

 制度上は全部署が平等とされていますが、「会社に直接利益を出す部門」が強いのが実情です。 それ以上に「個人の資質」で大きく変わりますので「営業なら100%出世する」とも言えないのですが、 直接利益を出す以上は、一定の発言力があります。

 一方で「人事部」「経理部」「総務部」「法務部」などの間接部門は、直接利益を出さないため発言力がありません。 特に人事部はイメージと異なり、大きな権限を持っていませんので注意が必要です。

人事部に大した権限はない|目指すような部署じゃない!

 もう1つ注意したいのが「経営企画部」です。本来は経営参謀としての重大な役割を期待されている部署ですが、 日本の経営企画部は機能不全に陥っている場合が多く、会社によっては「役員のスケジュール管理」「代わりにハンコを押す」だけの場合があります。簡単に言えば「窓際族」です。 一方で、「経営参謀」の機能を果たしていればもちろん出世コースになります。

 社長の席は、理系の工場担当役員と争うことになります。 ビジネスセンスを磨いてきた営業担当役員・商品開発担当役員に対して、 多数の職人を束ねてきた工場担当役員は非常に強力な相手となります。

部署の役割|仕事内容や出世事情は?

 

メーカーに就職するメリット

 文系がメーカー就職するメリットは、次の4点です。

 

1.メーカーにはホワイト企業が多い!

 メーカーにはホワイト企業が多いです。 その理由は、現業職主体の労働組合があり、「会社に文句が言えない総合職」に代わって待遇改善を要求してくれるからです。

 総合職は会社に文句が言えません。自分の出世がかかっていますから、上役の機嫌を損ねるようなことはできないからです。 ですがメーカーの場合、「出世はしないけど、いないと会社がつぶれてしまう存在」がいます。それが現業職です。

 現業職はいくら出世しても「課長補佐」が限界です。ほとんどの社員は「班長」や「作業長」の階級で定年を迎えます。 逆に言えば、現業職は「出世のために上役のご機嫌をとる」必要がないのです。 また給料やボーナスも「出世」で稼ぐことができませんから、労働組合で待遇改善を要求するのが効率的です。

 ゆえに工場を持つメーカーは「休日が多い」「残業が少ない」「赤字でもボーナスが出る」など、 好条件の待遇で安定している場合が多いのです。

 

2.日本のメーカーは技術力が非常に高い

 日本のメーカーはその技術力のために「高くても売れる」という商品をたくさん持っています。 それが「営業がやりやすい」「安定的に高収益」という大きなメリットにつながります。

 確かに最終製品である「スマホ」や「パソコン」「生活家電」などでは海外メーカーに押されています。 ですが、そこに至るまでの「素材や部品」「製造装置」は日本企業の独壇場です。 「iPhoneやギャラクシーの中身はほとんど日本製」と言われるのはこのためで、さらに実は「工場の機械」すら日本製です。

 「日本製を使えば不良品率が下がる」「納品にかかる時間が短い」というのは高くても買う理由になります。 特に法人営業では「顧客が求めていること」がわかりやすいため、営業がやりやすいというメリットにつながります。

 そのような日本企業は替えが効きません。「下請けだから立場が弱い」ということは決してなく、むしろ向こうから勝手に買いに来るのが日本のメーカーです。 こんなに優良企業の宝庫でありながら、特に「素材・部品・製造装置メーカー」は就活生への知名度が低く知っている人だけが有利に内定をとって、人生を謳歌するのです

 もったいないですよね。 MY就活ネットでは、そんな隠れ優良企業も紹介していますので、参照してみてください。

【関連記事】 就活おすすめ【隠れ優良企業】65社|無名の大手BtoB企業  

3.メーカーは経営が安定している!

 メーカーはビジネスの上流工程を担うため、経営が安定します。

 メーカーに就職する最大のメリットは、経営が安定していることです。 ものづくりの過程においては、上流工程ほど経営が安定します

 例えばiPhoneが売れなくなった場合、アップル社は大変です。 もちろん部品メーカーにもダメージがありますが、代わりにサムスン電子に売ればいいという対策ができます。 では、その部品メーカーを相手にしている素材メーカーはどうでしょうか。

 そう、影響がほとんどないのです。

 もっと言えば「みんながスマホ自体に飽きてスマホが売れなくなった」という極端な事態でも、素材メーカーは儲かり続けます。 これが上流工程ほど経営が安定する理由です。

 実は日本のメーカーは「上流工程」で強く、消費者には無名だけどビジネス界では有名な企業がたくさんあります。 これらのメーカーのことを「BtoBメーカー」といいますが、詳しくは次の記事で解説しています。

【関連記事】 BtoCはやめとけ!BtoBとどっちがいい?メリットやおすすめ  

4.マーケティングという大きな役割がある

 メーカーの文系には、マーケティングという大きな役割があります。

 「メーカーは理系以外お断りなのでは?」と思いがちですが、そうではありません。

 マーケティングとは、簡単に言えば「消費者を理解して、商品を開発し、売れる仕組みをつくる仕事」です。 BtoCメーカーなら「消費者の気持ち」、BtoBメーカーなら「顧客の工場長の気持ち」をわしづかみにして、 「君に任せるしかない」と言わせる仕事です。

 日本企業は永らくこれを軽視してきたために、最終製品の市場が海外勢に奪われてしまいました。 近年ではその反省から、マーケティングを重視しようという機運が高まっています。 これは、メーカーに就職する文系の役割です。

マーケティングって何?将来性のすごい文系最高峰スキル

 

メーカーに就職するデメリット

 文系がメーカー就職するデメリットは、次の3点です。

 

1.待遇が安定しすぎている

 メーカーは待遇が安定しすぎています。 簡単に言えば、景気が悪いときも最低限の保障がある一方で、景気の良い時もボーナスが大きく増えたりはしないということです。

 これはメリットでも解説した「労働組合」が関係しています。 労働組合はボーナスを「頑張った利益の配分」ではなく「給料の一部」とみなしています。 そのため大きく減るのを嫌がり、その分会社も大きく増やしたりしないことでバランスを取っています。

 「毎年同じだけの生活ができる」のはメリットではありますが、 逆に悪く言えば「頑張っても報われない報酬体系になっている」というデメリットにもなります。

【関連記事】 大手メーカーの年収ランキング|1000万が狙える企業の一覧  

2.サービス残業がある

 メーカーに限ったことではありませんが、多少のサービス残業はあります。

 労働条件などの待遇は、会社と労働組合で36協定という約束を結んで決まります。 メーカーの36協定は、労働組合が強いがゆえに会社にとって厳しい内容になりがちです。

 例えば「残業は月40時間まで。1週間で10時間を超えてはならず、1日2.5時間以内にしなさい。」などと細かく定められています。 しかし、総合職の仕事はこんなガチガチに固められたスケジュールではできません。 そんなときに何が起きるかというと、サービス残業です。

 確かにメーカーは労働組合のおかげで休日が多いですし、残業も少なく済むようになっています。 ですが、労働組合のせいでサービス残業が発生するということもあるわけです。

【関連記事】 残業なしはキツい!|実体験を元に残業時間の目安を解説  

3.技術偏重な会社が多い

 技術偏重な会社が多いのは、メーカー就職のデメリットの1つです。

 「モノづくり大国ニッポン」という言葉に表されるように、日本のメーカー企業はモノづくりに自信を持っていて、 それが行き過ぎたのが「技術偏重」という弊害です。

 「良いものをつくれば売れる」というのはBtoBメーカーの話です。 消費者向けのBtoCメーカーでは「デザイン」や「雰囲気」といったあいまいな要素がからみ、 単に性能が高ければ売れるという時代はとっくの昔に終わりました。

 ですが、過去の栄光が忘れられず「技術偏重」になっている会社が未だ多く残っています。 売れない理由を「消費者」や「環境」のせいにして、技術力ばかり磨いていれば良いと考えている会社には将来性がありません。

 P&Gや花王、ユニ・チャーム、資生堂といった生活消費財メーカーがマーケティングで成功していくのを見て、 マーケティング部門を会社に設立するメーカー企業も増えてきています。 ですがそれも「形だけ」「体裁だけ」でつくっている会社も多く、本当に機能しているかどうかは未知数です。

 

就活のやり方

 ここからはメーカーへの就職について、就職難易度や選考プロセス、エントリーシートの書き方などを解説します。

 

メーカーへの就職は難しい?

BtoCは難しい、BtoBは簡単!

 「文系のメーカー就職は難しい」と言われがちですが、実はそうではありません。 就職難易度は「BtoCメーカーは非常に高い」「BtoBメーカーは低い」となっています。

 特に家電メーカー(ソニー・パナソニック等)や食品メーカー(サントリー・味の素等)は応募が殺到し、 採用倍率が100~300倍にも及びます。内定確率にすると1%未満になります。 これでは「狭き門」と言わざるを得ません。

 一方でBtoBメーカーの場合は、採用倍率が10~80倍と低めです。 消費者向けのテレビCMなどを行っておらず、学生の知名度が低いためです。 しかし、その業績や待遇はBtoCを上回る企業が多く就職の穴場だと言えます。

 学歴フィルターについても「BtoCメーカーではMARCH・関関同立以上」が基本になりますが、 「BtoBメーカーでは学歴フィルターがない」場合が多いです。 やはり「大学名での足切り」をするほど応募者がいないというのが大きな理由です。

 

選考

インターンからの早期選考を狙おう!

 メーカーの選考は、インターンシップから早期選考に載るという「裏ルートの選考」が内定をもらいやすいです。

 政府ルールを無視した選考が横行しており、メーカーも選考の主流がインターンシップになっています。 大学3年生の6月には募集が開始され、有望だと判断された人が10月以降、インターン参加者限定の優遇選考に招待されます。 この場合、早ければ年内に内定を獲得できることもあります。

 また、「優遇選考」とは言わずに「1対1の質問会」と称した面接(通称:リクルーター面接)を実施する企業も多いです。 インターンを経由せずとも、プレエントリーをしておくと電話がかかってくる可能性がありますので、 志望先を見つけ次第、連絡手段を企業に出しておくことが重要です。

内定直結インターン46社!|優遇選考で早期内定

早期選考はいつから、いつまで?企業一覧86社

 

エントリーシート

ES全体のストーリー化がコツ!

 メーカーへのエントリーシートの書き方は、就職活動の軸を前提に「『将来の夢』実現ストーリー」をつくり、 同社の「経営理念・ビジョン・社風」と一致した志をアピールすることです。 最終的には「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」と結論付けます。

 実はESは、「『将来の夢』実現ストーリー」を書くものなのをご存知でしょうか。 ESはどの会社も以下の三部作構成になっています。

 ストーリーの作り方は【例文】エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせる!で解説していますが、 ES本番を待つのではなく、インターンの段階でこれができていれば、かなり有利です。

 同社の選考においても「就職活動の軸」を前提として、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成でESを書き、 最終的には実現するには貴社のビジネスに携わるしかないという結論に持っていくのです。

 ですから、採用ページのプロジェクト社員紹介などを熟読し、 会社には何を目指す社風があるのかをじっくり研究し、志望動機に絡めていきましょう。

 リクルーター面接を除けば、エントリーシートを3月末から4月上旬で提出し、4月から面接という会社がほとんどです。 エントリーシートについては早めに作成し、リクルーターにみてもらう、自分で添削して何度も書き直すといった作業が必要です。 遅くとも大学3年生の3月までにはエントリーシートの原案を完成させておきましょう。

 

メーカーの志望動機

貴社と同じ理想を目指しています!

 メーカーの志望動機の書き方は、会社の「経営理念・ビジョン・社風」と自分の「就職活動の軸」の一致をアピールし、 「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」と結論付けることです。 特にインターンシップ、会社説明会、OB・OG訪問を通じて実際に感じた社風を志望動機に取り込むと、より一層説得力が出ます。

 書き方について詳しくは次の関連記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

【関連記事】 【文系専用】メーカーの志望動機|必要な人材認定をもらうコツ

 また、「Unistyle」という就活サイトでは実際に内定を取ったエントリーシートが無料で読み放題です。 この業界はもちろん、あなたの志望企業に内定した歴代就活生がどう書いたのかを見れば、 ESの方向性が合っているかどうか確認することができます。これを使わない手はありませんね。

Unistyleで合格エントリーシートを読む

 MY就活ネットでは、この他にも多数の業界研究記事を用意しています。 優良企業の見落としを防ぐため、さまざまな業界を調べてみましょう。

【関連記事】 【一覧】業界研究がわからない?代わりにやりました!

7月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。 なぜなら、就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、大手は実績あるスカウトサイトを選ぶからです。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。 →Xのアカウントページ




×

メーカー内定者のESが無料で読めるサイト【Unistyle】