リアルタイム閲覧者数:10人

 

【就活】選考の早い会社

 選考の早い会社を紹介します。 とりあえず選考を受けてみる、エントリーシートを提出してみる、WEBテストの練習として使う、 面接を受けてみる等、使い方は様々です。



 選考の早い会社を受ける過程で、その業界に興味が湧いたら儲けものです。

 

選考の早い会社一覧

 エントリーシート提出、WEBテスト、リク面等の選考が早い会社

 阪神電車:2月上旬にエントリーシートの結果通知。すぐに面接が始まります。

 JT:1月中にエントリーシート提出とWEBテストがあります。リクルーター面接も1月~2月の間に電話があります。

 プラントエンジニアリング業界:日揮、千代田化工、東洋エンジニアリング等は12月~1月の間にエントリーシートの締切があります。 また、新日鐵住金エンジニアリング、JFEエンジニアリングもリクルーター面接が始まります。

 外資系企業:ゴールドマンサックス、P&G、マッキンゼー等、経団連憲章に束縛されないので選考はとても早いです。

 マスコミ業界:電通、テレビ朝日、日本テレビ、読売新聞などマスコミ業界も1月中に応募が締め切られます。

 三井住友カード:2月中にエントリーシート提出&WEBテスト。2月末から面接が始まります。

 森永乳業:3月中に筆記テスト、グループディスカッション、面接があります。

 キヤノン:2月中にWEBテストがあり、リクルーターもつきます。

 島津製作所:2月中にエントリーシート、WEBテスト。

 トヨタ:12月中に大学別説明会、その後1月中にリクルーター面接開始。

 大林組:1月末にエントリーシート提出。通過していればリクルーター面接開始。

 清水建設:2月上旬にエントリーシート提出&WEBテスト。通過していればリクルーター面接開始。

 クラレ:1月中にエントリーシート提出&WEBテスト。通過していれば2月上旬、座談会に呼ばれる。

 デンソー:プレエントリーするだけで1月中にリク面が始まる。

 昭和電工:1月中にエントリーシート提出&WEBテスト。

 昭和シェル石油:1月中にエントリーシート提出&WEBテスト。WEBテストの時間が短い(?)

 三菱樹脂:1月中にエントリーシート提出&WEBテスト。締め切り前であっても早く出さないと単独会社説明会に呼ばれない。

 日本触媒:2月上旬にエントリーシート提出。2月中にグループ面談があり、3月上旬にリク面、3月中に面接が始まる。

 川崎重工:2月上旬にエントリーシート提出&WEBテスト。珍しいことに玉手箱形式です。

 日本政策金融公庫:2月上旬にエントリーシート提出。その後WEBテスト。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。